2011.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2011.04

ちょっとした物欲。

  • 2011/03/27(日) 20:30:53

物欲とは言っても、自転車ハードウェアへの物欲は今のところほとんどないので、そんな大げさなものではありません。

今の時期はあまり汗もかかないのでまだ表面化してきませんが、1つのロッカーを同じ課の二人で共有しているため、これから暖かくなってくるにつれ、汗まみれのジャージやレーパン等の腐りやすいナマモノを共有ロッカーに置いておくとなると、異臭発生で通報されるのも時間の問題ではないかと。

何より、ロードバイクによる自転車通勤とはまったく無縁の同僚がロッカーを開けたときに、共有ロッカーに他人のレーパンが干されているのを目にしたときの衝撃を想像すると同僚が不憫でしょうがありません。たとえ自分だって、縮れた毛が1〜2本からまったオレンジ色や青色の他人のレーパンのパッド面を、あえて積極的に見てみたいとは思いませぬ。

そこで、せめて見た目だけでも取り繕うために、ストレッチサイクルショートパンツなるものが欲しくなりました。これならロッカーに干しても普通のズボンと同じに見えるべ。片道13キロの自転車通勤なのでレーパンのパッドなしでSLRに座ってもシリが痛くなるようなことは多分ないだろう。この手のおしゃれな自転車用アパレルは、昔の職場の帰りがけにちょくちょく寄っていた御徒町のODBOXでよく見かけたような気がするのでそのうち買いに行ってみようと思います。

見た目だけ取り繕ってみても、残念ながら異臭問題への根本的な解決にはなっていませんが。。

++++++++++

ユーロダイニング コワンユンヌ 来週のランチメニュー更新されてます!
http://coin-une.cocolog-nifty.com/blog/

先週金曜日に行ったときの、ズワイ蟹のトマトクリームパスタ特盛り。シェフにパスタの特盛りをオーダーすると、「うちはすき屋じゃないんだけどな〜。」と言いながらもサービスしてくれます。

画像認証について。

  • 2011/03/22(火) 04:41:11

コメント投稿時の画像認証について、文字の画像が表示されないのでコメントが投稿できないとの問い合わせを、何人かの方からいただきました。また自分自身でも画像認証のアルファベットがたいへん読みづらく使いにくかったので、画像認証なしの設定にしたかったのですが、管理者画面からはどうやっても画像認証する/しないの設定が行えず、DTIブログのサポートに問い合わせをしてみたところ、すぐに対応してくださいました。サポートの方、迅速な対応どうもありがとうございました。

しばらくは画像認証なしで運用してみますが、ガードを外した途端にスパムコメントが大量に投稿される場合は、再度画像認証を導入してみます。

認証画面の文字画像が表示されない件については、サポートの方から以下のような回答をいただきました。

+++++++++++++++++++++++++
コメントをされる方のブラウザーが弊社推奨以外のブラウザーをご利用されていたり、
セキュリティーレベルの設定を中以上にされていると、認証画像がブロックされたり
表示されにくい場合がございます。

恐れ入りますが、画像認証に問題がある方のブラウザーとセキュリティーレベルの設定の
確認をしてもらって下さい。
+++++++++++++++++++++++++

お手数おかけしてたいへん申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

たいした話じゃありませんが。

  • 2011/03/20(日) 20:27:54

中途採用の新入社員としてまったく新しい職場環境での1ヶ月、そして先週の地震、さらには修繕積立金高額滞納者への訴訟問題、などなどいろいろなことが重なり、自分自身に自覚はありませんでしたが、もしかしたらかなりのストレスをため込んでいたのかもしれません。この1週間はいろいろなことを考えましたが、結局のところ普段通りに生活する以外には何もありゃしないということに気がついたら気持ちが楽になりましたので、ニャーニャー通信社も通常通り営業いたします。

++++++++++

昨日の土曜日、財布の中身は残金わずか423円ナリ。これでは自転車に乗ることもままならないので、妻の職場にお昼ご飯をたかりに行きました。これじゃまるでたちの悪いヒモのようです。

魚のフリット(ラタトゥユソース)&パスタ パン・デザート・コーヒー付き¥1500を妻におごってもらいました。家族のありがたさが身に染みる。。

ユーロダイニング コワンユンヌ 来週のランチメニュー更新されてます!
http://coin-une.cocolog-nifty.com/blog/

++++++++++

ポラールがとうとうぶっ壊れました。ボキが自転車から遠ざかっていた間に、みなさんGarmin Edgeシリーズへの移行が進んでいたようで、使わなくなったポラールをIS○YA朝錬同期入隊のB氏に譲っていただきました。

GPS機能等のついたGarminが欲しくないわけではありませんが、せっかくIT業界から完全に足を洗ったので、なるべくITっぽいものは身の回りに置きたくない、今後はアナログ人生を歩みたいという気持ちが強いので、ボキにはまだまだポラールで十分。走行データが欲しくなったら、紙に印刷した地図上のルートを蛍光ペンでなぞり、その日の平均速度や心拍等の情報はボールペンで手書きするぜ!アナログ万歳!!

これで速度と距離の必要かつ十分な情報が得られる♪どうもありがとうございます。友人のありがたさが身に染みる。。ところで、ポラール本体だけをポンっと取り替えただけでスピードもケイデンスも問題なく拾えた。ということは、ワイヤレスのサイコンって本体から最も近い距離にあるセンサーが発する電波を拾って表示するというそんな単純なロジックだったのか。

++++++++++

先週受けた雇入時健康診断の結果はやっぱり貧血。貧血検査以外は全てA判定なのに、貧血のせいで総合判定がCになってしまうのはたいへん残念。一昨年の記事ではスポーツ貧血ってやつか?みたいなことを言われましたが(ちなみに去年の健康診断でも貧血でした。)、この9ヶ月間というもの寝返り以外のスポーツはまったくしていないにもかかわらず、やっぱり貧血。

つまり自転車に乗っても乗らなくても貧血。同じものを食べている家族の中でボキだけが貧血。これはもう体質というか、私という人間のひとつの属性というかアイデンティティーというか。そう考えると急に貧血が愛おしいものに思えてきたので、貧血体質を改善するなんてつまらないことを考えるのはもうやめた。

今度こそ自転車通勤シュミレーション。

  • 2011/03/06(日) 14:01:35

まずは土曜日の話。
この日は自分の理事長任期2年間での最後の理事会。まずは前回の裁判の件、今後は弁護士に委任するつもりであることを報告し、もしも万が一、裁判に負けた場合は、弁護士報酬の着手金48万円程度のみを修繕積立金の中から弁護士さんに支払ったうえで、前理事長の私が責任を持って、被告のジジイをぶん殴りにいくということで、満場一致で可決。

最後の仕事としていくつかの書類に組合印を押してから、次の理事長に組合印を渡して引継ぎ完了。これでやっと肩の荷が降ろせました。やれやれ。でも、いろいろな意味で社会勉強になったし、貴重な体験もできたし、大変だったけど得るものが多かったので、やって良かったなと思います。新理事長様、新副理事長様、中途半端なところで引継ぎになってしまいたいへん申し訳ございませんが、あとはよろしくお願いいたします。(ぺこ〜り)

++++++++++

先週は雨だったり寒かったり、早出があったりで結局のところぜんぜん自転車に乗れなかったので、今日こそは自転車通勤シュミレーションしてきました。レーパン履いて、自転車を玄関先に出して、ポラールのスイッチを押してみたら、、あれれ?電源入らないじゃん・・・?
コンビニに電池を買いに行ってから、裏蓋を開けてみて気がついた。ゴムパッキンがきちんとはまっていなくて、原因はただの接触不良。しかもデータが完全に初期化されていて、初期設定からやり直し。トホホ。
新しい職場までは片道13キロ強、時間にして45分といったところで、電車通勤よりもむしろ少し早いかも。無理なく続けるにはこれくらいがちょうど良い。

帰り道の国道15号にて、一人で帰るの寂しいなー、誰かいないかなーと思いながら走っていたら、見慣れた白いウィンドブレーカーを発見!運よく朝錬の最終グループに合流して一緒に帰ってきました。ぶっチギられなくて良かったアルヨ。まずは阿部組長に挨拶して、そして朝錬メンバーに挨拶回り。ボキの帰れる居場所はまだ残っていたようで、、本当に良かった〜。

いちばん元気だったときは、あざみ自走で往復220キロとか走っていたわけで、先週11キロ走って限界だったことを考えると、単純に割り算したら、今の体力は昔の20分の1・・・。我ながらたいへん切ない話である。
そんなわけで壱号機、明日からまたヨロシク!!


さて、お風呂に入って昼寝でもしようかな。

求む!レーパン弁護士

  • 2011/03/01(火) 20:50:21

求む!レーパン弁護士



話はさかのぼり、時は2009年の1月。マンションの総会にて、ふとしたことがきっかけとなり、その場の勢いでマンション管理組合理事長を引き受けてしまい、初代レーパン理事長に就任してから早2年。

それ以前より、管理費・修繕積立金を長い間滞納し続けている高額滞納者(法人)に対し、管理組合理事長として、この2年の間さんざん支払いのお願いと督促を繰り返してきましたが、ただの1度も入金されることもなく、このまま督促を続けても、話し合いによる解決は見込めないであろうという結論に達し、理事会で話し合って、法的措置を取ることとなりました。

訴状
原告 ○○○○○○○○管理組合
    代表者理事長 ニョホホ
被告 有限会社○○○○
    代表者取締役 ○○○○
管理費等請求事件
  訴訟物の価額 金○,○○○,○○○円
請求の趣旨
  1.被告は原告に対し、金○,○○○,○○○円、及びこれに対する訴状送達の日の翌日から支払済みまで年利14%(年365日の日割計算)の割合による遅延損害金を支払え。
  2.訴訟費用は被告の負担とする。
との判決及び仮執行の宣言を求める。

上記の訴状を横浜地方裁判所に提出し、民事訴訟の第1回目の公判が行われたのが1月25日。生まれて初めて裁判所の法廷に入り、原告席に座ってまいりました。後ろの傍聴席にはマンション管理会社の担当者1名と法務部門のスタッフ2名。
この訴えに対する反論の書面を次回の公判までに被告が提出し、結審するのは次回以降の公判になりますとのことで、このときの裁判は5分程度で終了しました。裁判終了後には、管理会社の方たちと、勝ったも同然ですね〜などと談笑し、余裕をぶっこいていたわけですが・・・。

そして本日が2回目の公判。判決を聞いたら私は引退して次の理事長への引継ぎが決まっているので、理事長としての最後の仕事のつもりで再度、原告席に座ってまいりました。

2:00ちょうどに裁判官が入廷。
書記官: ご起立ください。
裁判官: 原告は今回の被告からの書面は受け取られたでしょうか?
原告(ニョホホ): い、いえ、きょ、今日初めて拝見いたすますた。(←いきなり裁判官に質問されびっくりして口が回らない。。)
裁判官: ああ、そうですか。非常に重要なことが書いてあって、設立総会、最初の管理規約に対して、そのような書類およびそれらの通知を被告は受け取っていないというのが今回の被告の主張なんですね。
裁判官: それではですね〜、今回の被告の準備書類、乙1から乙12まで、被告は原本を今日はお持ちですか?
被告: はい。
裁判官: それでは、これらの書類、乙1から乙12まで、原本として提出ですね?
被告: はい。
・・・・・・・・・・
裁判官: それでは次回、原告のほうから、被告の準備書類について、反論をしていただきたいんですけれどもね、それがなかなか法的に難しい点がいくつかありましてね、原告のほうは弁護士さんに委任されるおつもりはないのですか?
原告(ニョホホ): いえ、今のところはございません。
裁判官: 裁判所としては、これはなかなか法的な、設立総会の瑕疵に関する問題を含んでいると考えていますので、えー、弁護士さん、専門家である弁護士さんを選任されて、委任されたほうが良いのではないかなと、勧告はいたしますけれども、まあそれをどうするかは原告のほうでご自身で考えていただきますが、次回期日までに今回の被告の準備書面に対する反論を行ってください。法律的な点も含んでいます、事実経過ももちろん認否していただくことと、併せて法律的な主張もですね、これも併せてしてください。
原告(ニョホホ): は、はひ。(←話が予想とぜんぜん違うじゃねーかよ・・・。)
裁判官: えー、それではですね、次回期日を決めます。弁護士さんを選任されるのであれば、委任状が必要ですので、弁護士さんに委任状を提出してください。
裁判官: はい、今日はこれで終わりです。

自分自身で整理してみると、今日の裁判の内容は以下の通り。
被告の提出した書面を裁判官が読んだ限りでは、この裁判を判断するのに重要な証言や事実上の主張がその書面には認められるということで、それについて次回こちらが反論なり回答なりをしていかなくてはならないということになってしまいました。その書面については、管理会社の担当者が持ち帰って法務部門にて検討してもらってます。当初の目論見とは正反対の方向に行ってしまい、何だか雲行きが怪しくなってきましたよ。

でもね、、被告に法的な知識が豊富にあって、立派な反論書面を作っていただいたのは、それはたいへん結構なことですが、常識的に考えても、被告だけが管理費・修繕積立金の支払いを免れることができるとは到底思えないのですが・・・。

ボキは被告の心に問いたい。あなた以外の住人はみんな決められた管理費と修繕積立金を毎月きちんきちんと払っているわけですよ。それなのに、何の根拠があるのかよくわかりませんが、あなただけがその支払いを免れてごね続けて逃げようとしている。この点について良心の呵責などは感じませんか?

もう完全に頭にきたので、弁護士さんにお願いして徹底的にこの裁判を争うことにしました。この一連の流れから、管理会社の顧問弁護士にお願いすることになるだろうとは思いますが、このブログを読んでくださる自転車乗りの皆様の中に、レーパン弁護士さんはいらっしゃいませんか?または、知り合いに弁護士さんがいるという方はいらっしゃいませんか?どなたか相談に乗っていただけたら心強いのです。

勢いにまかせて一気に書いてしまいましたが、はたしてWEB上にここまで内容を晒して良いかどうかわかりませんので、この記事はそのうち削除されているかもしれません。

本当に久しぶりにブログを立て続けに更新していますが、文章力だけは衰えていないことを願うばかり・・・。