2011.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » 2011.03

通勤シュミレーションのはずだったのだが・・・。

  • 2011/02/27(日) 22:28:35

久しぶりの更新です。

9ヶ月間におよぶ無職生活を経て先週から無事に社会復帰し、今週からのジテツウ再開に備えて、本日は自転車通勤シュミレーションをするはずだったのですが・・・。

長い間放置されて部屋の片隅でホコリを被っていた壱号機ガリレオに9ヶ月ぶりに魂を注ぎ込むべく、フレームやスポークを濡れタオルで拭いて、ベコベコに空気の抜けきったタイヤに空気を入れる。フロアポンプの目盛りが8気圧を指すまでの上下運動だけで息が上がる。。ハヒー。

長レーパンに片足を通した時点でパンツを履いたままだったことに気がつき一人で苦笑。一通り着替え終わってヘルメットを被ろうとして、何か忘れていることに気がついた。そうだ、頭に何か巻いていたよな。自転車グッズ入れを引っかき回してヘッドキャップを発見。うーん、着替えるだけで45分かかりました。我ながら耄碌したもんだ。。

去年5/3の筑波8耐以降、1ミリもまったく自転車に乗っていませんでしたが、9ヶ月ぶりにガリレオにまたがって走り出してみると、意外なことにビンディングペダルへの恐怖感とか違和感はまったくなく、信号でのストップアンドゴーも問題なし。体が覚えている基本動作だけは忘れていなかったようです。

しばらく走ってみると、すぐにノドの奥から血の味がしてきそうな前兆。おいおい、まだISOYAにすらさしかかってないんですけど。予想通りというか、当然の結果というか、ダメだこりゃ。。でも、後方から聞こえるラチェット音に耳をすませていると、ようやく自転車に乗る楽しさが甦ってきた気がするな〜。なんて、思っていたら、後輪からヌルっとした感触とともにイヤ〜な振動が。あらら、パンクしちゃったよ。

インジケータの消えかけていたグランプリ4000もとうとう寿命かな。多少時間はかかりましたが、チューブを交換して携帯ポンプで空気を入れていたら、そういえばこの辺りって鰤くん家の近くじゃん!さっそく電話してみると、ラッキーなことに在宅とのことなので、空気入れを借りにお家にお邪魔させていただきました。

明るいところでよく見てみると、何か踏んだのかタイヤに小さな亀裂があったので、いったんタイヤを外してガムテで裏から補強して、再度空気を入れていると、手元からパーン!という軽快な破裂音。チューブを噛んだまま空気を入れてバーストさせてしまったようです。完全にヤキが回ってます。ボキはもうダメかもしれません。

もうこれ以上どこに行く気も消え失せたので、鰤くん家に上がりこんで、ここしばらくの出来事を楽しく語って帰ってきました。どうもありがとうございました。結局のところ11キロほど走っただけで完全に息が上がり、チューブを2本無駄にした、思い出深い一日となりました。正直な話、今日はこのへんが限界だったのかもしれません。のんびりと体力を回復していこうと思います。