2007.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.01

明日へ走る

  • 2007/12/31(月) 17:55:50

1月2日は箱根駅伝先導隊ですが、合流地点の鶴見中継所がどこなのか今ひとつよくわからなかったので偵察に行ってきました。ここの車道側は朝錬帰りにいつも通っている道ですが、「明日へ走る」こんな銅像が建っているとは今までまったく知りませんでした。

年内最後の朝錬。

  • 2007/12/30(日) 12:14:49

ショップは昨日からお休み、朝錬もたぶんないだろうと思っていましたが、日曜日のいつもの時間に条件反射的に目が覚めたので、とりあえず行ってみれば誰かしら集まっているだろうと思い、朝錬に行ってきました。同じようなことを考えて集まった今日のメンバーは7人。

朝起きたときは妙に暖かくて風もなくて走りやすかったのですが、帰るころになると急に風が強くなってきたので朝の早いうちに走っておいて正解でした。明日もちょこっと(SK村とかKN崎あたり?)走って、元旦もできたら初日の出暴走に行きたいな〜。

シイタケ大豊作。

  • 2007/12/28(金) 00:05:19

お部屋で育てる「しいたけ農園栽培キット」去年に引き続き今年もチャレンジしました。


今日は2回目の収穫ですが食べきれないくらい採れました。多分あと1回は今回と同程度の収穫が見込めそうです。しばらくシイタケ三昧です。

クリスマス。

  • 2007/12/23(日) 23:15:03

朝錬のときにサンタ帽子をかぶって走ろうと、我こそはと思うお調子者のために帽子4人分を用意して数日前からネタを仕込んでいたのですが残念ながら今朝は雨。サンタ帽子をかぶって走るのは来年のクリスマスに持ち越します。


去年から始まった我が家のしきたり。クリスマスのご馳走は自家製トリの丸焼き。ウマー。実はまだあと2羽あるんです。ウヒヒ。レシピよりやや長めにオーブンに入れたら焼き加減バッチリ。(YOME談)

全部で120枚

  • 2007/12/22(土) 00:16:41

ちょっと買いすぎ?と言っても自分1人で食べるわけじゃなく、お世話になった人たちにお土産。(自分が気に入ったお菓子を無理やりすすめるのが菓子好きの習性)

朝錬後の1コマ

  • 2007/12/16(日) 20:34:08

朝錬から帰ってきた後はいつもメンバーどうしで交流したり情報交換をしたりして午前中のひとときを楽しく過ごしているわけですが、そんな和やかな雰囲気を切り裂くようにニャロメ先生が曲乗りを披露してくれました。その後ろでバカ笑いしているさくぞう先生も傑作!こんなお調子者コンビの2人が今日の先頭グループを鬼引きしてくれました。向かい風なのに後ろを走っていると追い風かと思っちゃうくらいの突進力。すごいパワーだ・・・。そして左端で真剣な顔してカメラを構えている私ですが、見事にシャッターチャンスを逃しました。ブリさん写真提供ありがとうございます。




スポーツバルム レッド3(一番効き目が強いやつ)を買ってみました。最高気温が10℃を切ってもこれを塗っておけば七分丈レーパンでもいけるかな。塗ってしばらくするとカーっと熱くなってきて汗ばむような感覚が。冬の乾燥からスネを守ってくれるので美肌効果に期待しよう。それと独特の刺激的な香りがたまらんね。

ヤビツ(週末のテンション下がり気味)

  • 2007/12/15(土) 22:18:11

今日はニャロメ先生にヤビツに連れて行ってもらいました。自転車生活2年目の冬、最近は寒くて週末のテンション下がり気味。お誘いメールが来なかったらきっと今日はどこにも出かけずにお家でころころしていたことでしょう。自転車買ったばかりの去年の冬とは大違い・・・。

タイトル「間違い探し」



これからヤビツを登りに行くところなのですが・・・さてどこが間違ってる??

ちょっとした思いつき。ブログのネタに使わせていただきたいので、みなさんもし良かったら自慢のバイクのこのアングルの写真ください。(この場所で撮った写真)


表ヤビツを登って裏ヤビツを下り、宮ヶ瀬湖に出て七沢の温泉にちゃっぷりんこして帰ってきました。走行距離は75キロ。暖かい時期に比べると走り込みが100キロ足りませんね・・・。


+++++
房総半島暴走ツーリング後日談。帰りに金谷港フェリー乗り場で買ったお土産のお菓子「ピーナッツフロランタン」。円筒形の缶がジャージの背中ポケットに入れて持って帰るのに便利そうだからというただそれだけの理由で選んだのですが、これが思いのほかとても美味しくて大好評。取り寄せをするはめになりました。サクっとした最中の中にキャラメルソースで固めたスライスしたピーナッツがぎっしり。往復のフェリー代をもらえればボキが自走で買いに行ってくるよという案はすぐさま却下されました。


房総半島を暴走してきました。

  • 2007/12/10(月) 22:40:54

今日はショップ企画の南房総ツーリングに行ってきました。集合場所の久里浜港フェリー乗り場までは各自それぞれの交通手段(クルマ、電車、自走)を使って移動。wakiさんありがとうございました。久里浜⇔金谷フェリーは今までに何度か乗ったことがありますが、自転車を乗せるのは初めてです。みんなで自転車を押してぞろぞろとゲートを登り、貨物階層デッキの手すりにハンドルを引っ掛けて倒れないように固定します。


自転車を積み終わったら客席ソファーに集合、てんちょうから今日のルート説明と、チーム分け等のミーティングです。参加メンバーは21名、3チームに分けてのツーリングとなりました。1班、2班は100キロオーバーのロングコース、3班はちょっと短めのショートカットコース。1班は班長が私(え…マジ?)、副班長がyouさん@総長。2班は班長wakiさん、副班長あおてつ氏。3班は班長がてんちょう、副班長は若旦那夫人?

ここはひとつ、せっかく手に入れた班長権限を思う存分に濫用して、今日の主目的をスイーツツーリングに変更しようと企みましたが、てんちょうの「店なんてぜんぜんないよ。」の一言であっさり頓挫。ガーン。そうこうしているうちに35分の船旅は終了、千葉県の金谷港に到着。ここからは各班ごとに思いのままに暴走開始です。


我々1班は最初の補給ポイントを約20キロ先の道の駅と定めてスタート!南房総の海岸沿いのコースは景色が綺麗で交通量も少なくて超快適。気持ちいい〜♪12月の澄んだ空気と快晴の青空のもと、8両列車の先頭を引いて走る高揚感からボキはずっとテンション上がりっぱなし、トンネルに入るたびに「イヤッホゥ!!」とはしゃぎまくっていました。(奇声を発しているわけではありません。ぁぅぅ。)

当初予定していた道の駅まではあっという間に到着。休憩しましょうと後ろを振り返るも、早くも暴走モードに突入されてしまったAベさんが一言「まだ早ぇんじゃねーかい?」。やばいです、暴走列車1号(=1班)止まりたくても止まれません。というか止まらせてくれません。最初の停車駅を勝手に通過。

この後は追い風区間がしばらく続いたので、結果的にはけっこういいペースでずっと走り続けることになってしまいました。40キロくらい走ってそろそろ休憩したいなと思っても、もはや海岸沿いにはコンビニとかスーパー等の休憩スポットは皆無。そうです、ここは三浦海岸ではありません。南房総なのでした。

緊急停車ボタンが押されてようやく停止したのは海岸沿いの道端。路上で天日干しされている海草を眺めながら、今日初めての休憩です。休憩とは言っても店も自販機もあるわけではないので、各自携帯している補給食をちゅーっとすするのみ。1つ学びました。先頭を走る者の心得、休憩すると決めた休憩ポイントでは予定通り必ず休憩すること。T口さんすみません。

お昼ごはんの集合場所まではもうすぐ。ここで先頭を総長に代わってもらい、ボキはしばらく写真撮影に没頭。


↓戦闘機に乗ってツーリングに参加するのはある意味反則だと思います…。


















お昼ご飯のおすすめ定食(ご飯大盛り)ウマー。さんが焼き、お刺身、菜の花、漬物、味噌汁。


向こう側のテーブルのIS○YAジャージ軍団は2班の皆さま。


みんなで集合写真を撮影。お店の名前に注目。


南国ムードあふれる南房総。


お昼ご飯のあとでソフトクリーム休憩。条件反射のようにツーリングにソフトクリームは欠かせません。


この後はしばらく先頭を走ることに注力したので写真がありません。それにしても南房総の道路は信号が非常に少なくて、いったん走り出すとなかなか止まれません。一定ペースで走っているとじわじわと効いてきます。

ツーリングも終盤、房総半島を東西に横断する丘陵地帯に差し掛かります。ここからは総長に先頭を交代してもらって、ボキは完全に班長業務を放棄。丘陵地帯の頂上に設定された山岳賞を狙うべく、後方で足を溜める作戦に。

つづら折りが2〜3回続いたこの辺りがきっと山岳ポイントのはず!「うお〜っ!!」とアタックをかけるもまだ坂が続いてました。ガックリ。先頭を行くAベさんの軽やかなダンシングはリズムが乱れる気配すらありません。もうちょいなんだけど…ダメだ届かない。。山岳賞はAベさんに取られたー。チキショー。

南房総をぐるりと一周して、再び金谷港に戻ってきたのは16時半ごろ。走行距離114キロ。今朝ここに到着してからおよそ7時間後のことでした。ああ楽しかった。この日のMVPは文句なしにT政のおじいちゃん。行きも帰りも自走で走行距離は220キロくらい?恐れ入りました。そして山岳賞はAベさん。大活躍の60代コンビ恐るべし。我々30代および20代はいったい何をやっていたのでしょうか?僕なんて、一日中ただはしゃいでただけです(トホリ)。

以上こんな感じで1班の暴走報告を終わります。次回のロングツーリングは班長、副班長を持ち回りにしたほうがぜったい面白いと思います。そしたらボキは迷うことなく次回の班長には元気が余っているAベさんを指名させていただきたく。

寝坊した・・・。

  • 2007/12/01(土) 22:37:00

今朝は起きたら10:00近く。山中湖か箱根に行こうと思っていたのですがもう手遅れ。先週の570キロの後遺症か今朝はテンション低かったっす。この時間から行けるところとなれば、行き先はとりあえず湘南国際村くらいしかありません。途中の産業道路のコンビニで休憩してのんびりしていると、凄い勢いで駆け抜けていくクロモリフレームの青いコルナゴ。コラー!そこのコルナゴ止まりなさーい!!と追いかけるとやっぱり朝錬仲間のF沢さんでした。湘南国際村から134号に抜けて林の交差点左折の三浦半島ショートカットコースをご一緒していただきました。走行距離は125キロ。