2007.04 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.06

箱根に行ってきました。

  • 2007/05/26(土) 21:52:36

今日は朝錬仲間@筑波8耐仲良しメンバーのみなさん4人で箱根に行ってきました。ルートは、ショップ→国道15号→横浜そごうを過ぎたあたりで国道1号→国道1号をひたすら南下→三枚橋で左折して旧道→甘酒茶屋→芦ノ湖→帰り道はずっと国道1号→国道15号→ショップ。

往路の途中、早川のあたりで海に出てみました(下の写真)。普段見ている三浦の海と違って波のうねりが大きくて大迫力。写真の上にちょん切れてるのが西湘バイパス。西湘バイパスを自転車で走ったらさぞかし気持ちいいだろうな〜。天気は快晴。風向きは向かい風でしたが、一番若くて元気な人がガンガン引いてくれたので、あっという間に旧道の入口まで着いてしまいました。


そしていよいよ今日のいちばんのイベント。箱根の旧道です。登り始めてすぐの初っ端からいきなりきっつい勾配です。そしてかの有名な「これより先1.2kmの間七曲り 登り勾配10.1%」の黄色い看板。先週登った松姫峠よりさらに勾配がきつく激坂度ではこっちが上ですが、距離はこちらのほうが短いので、つらさ(楽しさ?)は似たり寄ったりでしょうか。ほとんど登りきったところにある甘酒茶屋で休憩。あべかわ餅を食べました。ウマー。暑さで汗ダラダラなところに、涼しげな新緑の木々に囲まれて甘いものを食べながら熱いお茶をすするという極上のひと時を味わいました。


芦ノ湖に到着〜。ここが今日の目的地。お昼ごはんに蕎麦を食べて、のんびり休憩して帰り道です。国道1号はもう一度だけ少々登る必要がありますが、あとは気分爽快なダウンヒル。と思ったら、土曜日の国道1号は車がけっこう多くて、爽快感にちょっと欠ける感じ。帰りも旧道を下ったほうが良かったかも。。


国道1号最高地点は874メートル。先週の松姫峠(1250メートル)に比べたら意外とたいしたことないじゃん・・・。と激坂を登るたびになんだか心に余裕が持てるようになる気が。(脚と心肺には全く余裕なんてありませんが)


走行距離は171キロ、消費カロリー4644Kcal。先週の失敗をふまえて、今日は山岳コースの長距離なのでいっぱい補給食を摂りました。朝ごはんにスパゲティ、補給にオニギリ、ウィダーインゼリー、大福2個、ポケットようかん、アイス、食事はあべかわ餅と蕎麦、甘い飲み物にオロナミンCとデカビタC。けっこう食べてます。長距離ツーリングの後半になると甘い炭酸系の飲み物がなぜか飲みたくなるのが不思議。つらいし暑いし大変だったけど楽しかったな〜♪このコースとても気に入ったのでちょくちょく箱根を目指してみようかと思っています。

風張峠&松姫峠

  • 2007/05/21(月) 23:46:47

ブログ友達のほえ〜さんとマントさんとツーリングに行ってきました。まったく会ったことのない人とWEBを通じて知り合って、ゆくゆくはリアルにお会いして一緒に走りにいけたらいいなと思っていましたので、ブログを始めた当初の夢がかないました♪とても楽しい1日でした。どうもありがとうございました。

コースは武蔵五日市駅→桧原街道→都民の森→風張峠→奥多摩湖→国道139号→小菅村→松姫峠→奥多摩湖→青梅街道→吉野街道→秋川→武蔵増戸(走行距離132キロ)

まずは1つ目、風張峠。標高1140メートル。先週も来ているのでここまではお気楽ムード。前回来たときはこの頂上をあっさり通過してしまったので、今回こそは忘れずに記念撮影。


ちょっと下ったところにある月夜見駐車場から眼下に奥多摩湖を見下ろす絶景スポット。このコースを自走で走れる人が本当にうらやましいです。


そして2つ目、松姫峠。標高1250メートル。奥多摩湖から小菅村役場までは思っていたほど勾配がなく、ほとんど登っていない感じです。小菅の湯を過ぎたあたりからいよいよ激坂区間です。見晴らしがいまひとつで路面が荒れていて道幅もせまく、走っていてあまり楽しい道ではなかったです。奥多摩湖が標高600メートルほどなので、単純にあと約600メートル上がれば松姫峠に着くはずと気楽に考えていましたが、想像以上の勾配で非常にキツイです。ハヒー。


松姫峠からの眺め。手を伸ばすと空に手が届きそうです。(かなり大げさ)


走った距離だけを考えて補給を摂っていましたが、基準にしているのは普段の三浦方面のコース。今回のような長距離の山岳コースを走る場合はエネルギー消費がはるかに激しくて、普段よりちょっと大目に補給を摂るように心がけましたが、それでも足りなかったようで、帰り道で空腹を感じてしまいました。帰路はほとんど下りなので助かりましたが危ないところでした。

PowerBarを初めて食べましたが、決しておいしいものじゃないなと。グニョっとした歯ごたえと喉に張り付くような甘さは、噛みしめていると確かにガツンと血糖値が上がって力が出そうではありますが。今回のように途中にお店がまったくないところを走る場合には持っていると安心でした。

次回もし行くとしたら、松姫峠には上らないで途中の小菅の湯で温泉に入って帰ってくるというルートだったら楽しいかも。小菅村のひなびた雰囲気がすごく素敵だったのでそのうちもう一度行きたいなと思っています。

5/20(日)風張峠&松姫峠

  • 2007/05/16(水) 22:39:43

5/20(日)風張峠と松姫峠にアタックの予定です。
ルートは、武蔵五日市駅→桧原街道→都民の森→風張峠(標高1140メートル)→奥多摩湖→深山橋→139号線→松姫峠(標高1250メートル)という感じで考えています。奥多摩湖が標高600メートルほどなので、あと約600メートル登れば松姫峠です。待ち合わせは武蔵五日市駅に8:00でどうでしょうか?お天気は、今のところ土曜日に雨マークがついていますが日曜日は大丈夫そうです。

足が残っていなかったら武蔵五日市までどうやって帰ってくるかなどの疲れちゃったとき対策を考えないといけないですが、みんなで楽しく走ればきっとなんとかなるのではと思っています。(超無責任)

今のところ参加予定は、ほえ〜さん、マントさん、私の3人。それではよろしくお願いします。(ぺこ〜り)

+++++

そんなわけでまた朝錬はお休みして、前回断念した松姫峠にリベンジしてきます!S岡さん、素敵なコースを教えていただきましてどうもありがとうございました。

風張峠アタック

  • 2007/05/13(日) 22:17:00

今日は朝錬メンバーの方々4人で輪行して風張峠にアタックしてきました。初めての輪行です。スプロケカバー(といっても破れた靴下ですが)を忘れたのがちょっと悔やまれました。

JR橋本駅まで輪行→相模湖→上野原→甲武トンネル→熊野神社→桧原街道→人里→数馬→都民の森→風張峠→奥多摩湖→JR奥多摩駅から輪行して帰宅(走行距離87キロ)

人里あたりで疲れがピークになり、なんだか眩暈がしてきて足がぜんぜん回らなくなりました。昨日の走行距離126キロがやっぱり影響してるな〜と後悔したり、宴会ではしゃいだ翌日の早起きが効いたな〜と思ったり、あきらめちゃおうかと思ったり、ここら辺の数キロは本当に涙が出そうになるくらいつらかったですが、ここをこらえて限界を超えるとどいうわけか元気がでてきてもう一度足が回りだしたので一安心。都民の森まで登ってしまえば風張峠はあと少し、標高1140メートルを4人で元気に登りきりました♪

延々と長い距離を登り続けるのは初めてで、じつはかなり不安でしたが、終わってみればとても楽しかったです(つらかったけど)。機会があったらまたぜひ行きたいです。このコースを自走で走れる人がうらやましいです。コーナーや勾配を覚えるくらいに走りこんだらさぞかし速くなれるだろうなぁ・・・。

都民の森駐車場にて。今日のメンバーはどういうわけか男の子色の青い自転車ばかりです。

気がつけば4人でツーリング

  • 2007/05/12(土) 18:54:23

本日のルートは、お家→湘南国際村→秋谷→林交差点左折→県道214→三浦海岸→久里浜港→浦賀→観音崎→馬堀海岸→八景のパン屋さん→いつもの帰り道→ショップ(走行距離126キロ)

国際村の頂上でBさん@RACING1に遭遇、一緒に三浦海岸を回り八景のパン屋さんに休憩に立ち寄ったところ、城ヶ島帰りのS川さん&M井さんにばったり。朝は一人で出かけましたが帰ってくるときは4人の集団走行となりました。いつも思いますが、集団で走っていると楽しくで時間が過ぎるのが早いです。天気も風向きも良く、とても楽しい一日でした。

タイヤを替えてからおよそ3000キロ走りましたが、フロントはまだまだいけそうだったので、帰りにショップに寄ってついでにタイヤの前後ローテーションをしてもらいました。(というか、前輪側だけ自分でやってみました。)Tくんどうもありがとう〜♪

セキが止まらなかったりシリがかぶれたり。

  • 2007/05/06(日) 21:41:52

昨日のツーリングで張り切って某所の坂を登ったら、喉の奥から血の味がしてその直後から会話もできないほどのひどい咳が出るようになり、2〜3時間は咳が止まりませんでした。レースのときも走り終わるたびにひどい咳をしていました。あまりにもひどい咳なので休日急患診療所に行ってきました。(GW中なのでいつものかかりつけの病院はお休みです。)診断の結果は運動誘発喘息。もともと喘息持ちの傾向のある人が激しい運動をすると喘息が誘発されるということらしいです。今日のところはホクナリンテープという気管支拡張剤を処方されました。

なぜ今になってそのような症状が出るようになったのか考えてみると、そのトリガーになっているのは禁煙です。タバコを吸っていたときは心肺機能がレッドゾーンに入るだいぶ前から既に息が上がってしまい、自然と運動強度がセーブされていました。しかし、ここ4週間の禁煙によって肺が浄化されて、以前より激しい運動強度の領域まで突入可能になったため、今まで回したことのないレッドゾーンの回転数まで追い込んでしまい、すると途端に肺や気管支が耐え切れなくなり喘息になってしまうという仕組みのようです。禁煙したら喘息になるとは、いったいどうすりゃいいんでしょうか?(笑)

解決方法は、もっとトレーニングを積んでより低い心拍数で同じ速度を出せるようになればいいだけの話です。結局のところ今回も鍛え方がぜんぜん足りないという結論でした。それにしても、こうやってトレーニングについて理論的に考えられるようになったという意味で、心拍計を導入して本当に良かったと思います。僕の場合、数値的には194までいってしまうとアウトのようです。

それと昨日は今シーズン初めてショート丈のレーパンをはきました。使用する前に一度洗濯すればよかったのですが、面倒だったので買ってそのままはいたところ、100キロちょい乗って帰ってきたらシリがかぶれてしまいました。シリのかぶれと咳のため今日の外出の予定はキャンセルして、お土産に用意していたえぼしのかぼちゃプリンを食べてのんびり過ごした連休最終日となりました。


筑波8時間耐久レース

  • 2007/05/04(金) 23:50:02

5/3 筑波8時間耐久レース。
きついけど楽しい、長いようであっという間の8時間、最高の1日でした。

このゼッケンを背中につけて8時間走りました。翌日は足の筋肉痛はもちろんのこと、肩と腕が筋肉痛。よっぽどハンドルを握り締めて走っていたようです。

朝5時集合、ショップから9チーム参加でマイクロバス2台とトラック1台の大移動(すでに先発隊は早朝3時出発)。途中で渋滞に巻き込まれ、到着したのは8:30過ぎ。レースのスタートは10:00なのでここから大慌てで準備開始。このためアップも試走もできませんでした。私たちのチームは経験豊富なベテランライダー2人(1人は女性)と、不動のエース@高校生Tくんと僕の4人。Tくんと僕はレース未経験ですが、この日のためにチームの自主錬なんかもしたりして、チームワークはばっちりです。

スターターは僕が務めさせていただきました。10:00きっかりにシグナルが青になって300チームが一斉にスタートです。周りを見渡せばおそろいのショップジャージを着た仲間が8人いるわけで、そう考えると初レース+スターターのプレッシャーにもあまり緊張せずに済みました。レースにはかなり早めに申し込んだためスタート位置はかなり前のほうでしたが、何周かしているうちに自分がどのあたりにいて今何周目なのかわけがわからなくなってきました。足がもたなくなると同時に頭の中もいっぱいいっぱいでピットイン、次の走者と交代です。後から確認すると、多分6周したらしいですが、社長がピットインしていく後ろ姿を見てからもう一周回ったということと、2周目か3周目で大勢の落車があってそこをよけて走ったこと以外はじつはよく覚えていません。

6周(およそ20分)走ったら次の走者と交代という感じでひたすら8時間走り続けます。限界の運動強度を超えると喉から血の味がしてきて、走り終わると喉が痛くて咳が止まりません。これを8時間繰り返すのかと思うと気が遠くなってきました。あまりにも疲れすぎると固形物が喉を通らなくて、せっかく用意してもらったお弁当が食べられず、ゼリーとかバナナで血糖値を上げて頑張りました。

向かい風の吹くバックストレートまでに適当な速さの集団に入れればけっこう良いペースで帰ってこられますが、それに失敗すると体力だけは消耗するけどちっとも速くない一人旅になったり、気がつくと自分の後ろに集団ができていたりします。後ろから速い集団がきたときにそれに着いていける足さえあれば、良いペースで帰ってこられる確率はもっと上がるわけですが、頑張ってペダルを回してもどんどん差が広がるばかりで、ああ速くなりたいと心底思いました。それと忘れられないのが、ゴンゴンゴンゴンと後ろから迫ってくる音。ディスクホイールの集団キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!このときばかりは後ろからぶち抜かれるのが楽しかったです。

レースの半ばではやくもいろいろな表彰があるのですが、なんとなんと私たちのチームが4時間ジャストタイム賞で表彰台です。これは4時間ちょうどの時点でゴールラインを通過したチームに与えられる非常に運の良い賞で、敵はライバルチームではなく計測器らしいです(笑)。表彰式の時点で、僕は次の走者だったのでピットで出番を待っていましたが、「ゼッケン14番のチーム・・・」とコールされた途端に自転車をほっぽり出して表彰台まで猛ダッシュ。写真を撮ってさらにみんなで表彰台に登ってきました!

記念品のタオルを受け取るTくんの図

それにしてもチームメイトの女性ライダーTさんがピット前のストレートを大集団の先頭を引いて走ってくる姿はかっこ良かったな〜。もうみんなで「強えぇー!」と大声援。そんなこんなであっという間に時間が過ぎて、残すところ出番はラスト1回。17:30にピットがクローズされるので、アンカーのT君につなぐのが僕の最後の仕事です。17:16あたりで交代したので、17:30まで2周か3周です。17:30にぎりぎり近いところで交代できれば良いのですが、過ぎてしまってはアウト。2周した時点で念のためピットに帰ってくると、「もう1周!、死ぬ気で行ってこい!!」と監督の声が。ええ、もうホントに死ぬ気で走りましたよ。今日何周も回ったうちで一番短く感じた1周でした。だってピットを出たあとの記憶がなくて、気がついたらピットに戻ってきたところでしたから。最後の交代でT君に「後は任せた!」と叫んで計測器を渡します。盛り上がってきました、ひとつの目的に向かってチームがひとつになって突っ走るこの一体感がたまりません。

最後はやっぱりどのチームも一番速い人が走るようで、最後の30分は速い速い。そして感動のラスト1周。なんだか見ていたら涙が出そうになりました。本当に楽しい1日でした。家に帰ってくるころには声がかすれていました。スタッフの皆さん、選手の皆さん、お疲れ様でした。そして監督、適切なアドバイスと仕切りをありがとうございました。

5/5は子供の日ツーリング

  • 2007/05/04(金) 07:10:44

8:00にショップ前集合→湘南国際村→秋谷側に降りて御用邸前→葉山大道→マーロウ葉山店とカノムパン→帰路へ。

だいたいこんな感じで100キロをちょっと超えるくらいを予定しています。あとは気の向くまま、おいしいものを食べて楽しく走りましょう!ペースはカロリー燃焼効率のもっとも良いミドル域で(笑)。今のところ参加者はめぐねい様と僕の2人です。どなたかご一緒しませんか?

昨日は筑波8耐レース。疲れたけど本当に楽しい1日でした。こっちのネタはまたあらためて記事を書きます。