2006.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.02

第2回メンテナンス講座「愛車のクリーニング」

  • 2007/01/28(日) 19:29:06

昨日はまとまった距離を走ったので、今朝は起きられるかどうか不安でしたが、がんばって早起きして朝錬に行ってきました。疲れは思ったほど残っていなくて(焼肉が効いたのかも)、とにかく前走車からの距離50センチをキープすることにひたすら集中して、ドラフティング効果を最大限に利用して走ってみると、途中でちぎれることなく着いていくことができました♪(最後の六郷橋アタックでは途中で力尽きましたが)。前走車にぴったりくっついて必死になって走る帰り道、そうとう疲れがたまってきて早く信号が赤になって下さいと切実に願いながら、ふとスピードメーターに目をやるとなんと40km/h。一人で走っていたらとてもじゃないけどこんな速度をほんの一瞬だけでも維持できるはずがありません。集団走行の相乗効果にびっくりしつつ、その先頭を走る人は本当にスゴイなと思いました。

そしてショップに帰ってきてから、今日は第2回目のメンテ講習会。テーマは愛車のクリーニング。チェーン、クランク、スプロケ、ディレイラーの掃除、そして注油のコツ、さらに自転車にホースで水をぶっかけて洗車する方法等をショップスタッフの方による実演で目の前で見せてもらいました。スプロケをホイールから外さないで綺麗に掃除するには、歯車と歯車の間に洗浄液をつけたウェスを挿し込んで左右に引くことを何度も繰り返すという地道な作業が必要とのことです。最近スプロケの汚れが目立ってきたので次の週末にでも実践してみようと思います。今日もとってもためになる講習会でありました。


そしてネタがもうひとつ。朝錬で自分以外にガリレオ2007年モデルに乗っている方と初めてお会いしました。店頭在庫を置いておけないほどよく売れている人気車種らしいので、そのうちきっと遭遇するだろうと楽しみにしていましたので、さっそく2台並べて写真を撮りました。これでブラックがいれば全色揃うのですが。


筑波8時間耐久レース

  • 2007/01/28(日) 00:22:59

開催日は5月3日。この日はお店を休みにして、ショップのイベントとして大勢集めて複数のチームで参加しようという企画に乗っかって、さっそく参加表明をしてきました。もちろん初めてのレースですが、5〜6人チームによる8時間耐久レースなので、一人で走るわけではないため初心者でもなんとかなるのかなと。何事も初めてのときは勇気が要りますが、すでに参加表明された中にも初めての方がいらっしゃるそうなのでちょっと安心しました。めいっぱい楽しんでこようと思っています。公式ページはこちら↓
http://www.jccerc.info/newpage2.htm

今朝は起きるとポカポカと暖かかったので、いつもより長距離を走ろうと思い、三浦半島を半周してきました。家から久里浜港までちょうど50km、ここまでノンストップで走り、休憩してから三浦海岸をしばらく走って、剣崎に寄り道して写真を撮って、城ヶ島の手前で引き返し、帰り道は逗子方面へ抜けて、逗子の側から湘南国際村の坂を登って帰ってきました。国際村の坂の手前で既に80km近く走っていたため、坂の途中でもうヘロヘロ。ちょっとコース選びを間違ったような気がします・・・。海側は思ったよりも風が強く、三浦の海岸沿いはモロに向かい風で非常につらかったです。でも帰るころには風もおさまり、帰り道は軽い追い風のなか快調なペースで帰ってこられました。今日の走行距離は142km。

お気に入りスポットの剣崎の灯台をバックに写真を撮っているとハーレーに乗ったおじさんと、仲の良さそうな老夫婦に声をかけられました。暖かくてお天気が良いと人は自然とフレンドリーになるものですね。今日は朝ごはんに納豆とご飯一膳(大盛り)、久里浜港で休憩したときにあんぱん+缶コーヒー、国際村の頂上でウィダーインゼリー+缶コーヒー、帰り道の休憩所のコンビニでおにぎり1つ。いつもより長距離のためハンガーノックにならないように少々多めに補給食を摂りました。そして夕飯は近所のおいしい焼肉屋さんに行ってたらふく肉を食べてきました。幸せ〜。あ、野菜を食べてない。。


話は変わりますが、ローラー台が今ものすごく欲しいです。雨や風で自転車に乗れない土日はとてもストレスがたまるので、トレーニングというよりは乗れないときに気をまぎらわすためにローラー台があったらいいなと思っていました。バイクラ2月号でローラー台特集をやっていて、読んでいたらどうしても欲しくなって、どれを買おうか考えているところです。お家が集合住宅なので静かなもの、3本ローラーは乗れるようになるまでが大変そう+けっこううるさいらしいのでパス。そんな感じで絞っていってミノウラのVFS-Gなるものを狙っています。

ローラー台で自転車をこぐことを考えると、後輪で速度を計れるサイクルコンピュータが欲しいなと思って調べてみましたが、キャットアイでケイデンス計つきの有線のものがありました。フレームに黒いコードを這わせるのもちょっとなぁと思って、後輪で計るというのはあきらめれば、前輪で速度を計るケイデンスつきのコードレスタイプがキャットアイであります。これを付けて心拍計だけ別に買えば解決かと思いきや、この場合は組み合わせによっては心拍計と混線して正常に計測できない可能性があるとか。ポーラーのCS200CADならこれ1つでOKなのですが、反応速度が遅いという欠点が。今現在はキャットアイのサイクルコンピュータ(ケイデンス計無し)を使用していますが、キャットアイのほぼリアルタイムな反応速度に慣れていると、ポーラーに換えたときにけっこう違和感があるらしいので、これまた一長一短なわけです。そんなわけでなかなかサイクルコンピュータの買い替えには踏み切れないでいます・・・。

またやってしまった・・・。

  • 2007/01/26(金) 00:32:51

ドリンクボトルのカビ。
日曜日に走りに行ったままドリンクボトル(中身はポカリスエット残量3分の1)をそのままにしておいたことに気がついてキャップを外してみると、、、内側がカビだらけ。またやってしまいました。これで何回目だろう。たぶんもう5回以上はカビを生やしているような気が・・・。現在キッチンハイター(濃い目)に漬け置き中〜。

シマノ コンパクトクランク FC-R700

  • 2007/01/21(日) 23:39:54

昨日の疲れが思ったより残っていて今朝はぜんぜん起きられず、朝錬はお休みしました。昨日はツーリングというよりはポタリングだったので、徹底して歩道や裏道をのんびり走りました。このため段差の衝撃がモロに座骨に響いてシリが痛いので、途中からはほとんど立ち漕ぎ。さらに寒さのため首をすくめて変な姿勢で長時間乗っていたので肩や首が痛いです。ロードバイクで長時間のポタリングはちょっと無理があったようで、ポタリング用にフルサスのかわいい小径車が欲しいな〜とちょっと思いました。

今朝はゆっくり二度寝してから、昨日のカロリーを消費するべく湘南国際村の坂を登ってきました。12時過ぎに出発して帰ってきたのは18:00ちょい前。ちょっとずつ日が長くなってきたので夕方まで走っていられます。走行距離は95.8km、アベレージ24.5km/h。

今日はデジカメを持っていったので、湘南国際村の坂の途中にある展望台で写真を撮りました。先週クランクをシマノのコンパトクランクFC-R700に交換しました。


デュラエースで見栄を張りたいところですが、本格的にヒルクライムもしてみたいので、そうなるとやっぱりコンパクトクランクでないとキツイかなと思ってこちらを選択したわけです。デザインはデュラエースと同じですが、チェーンリングのザラついた仕上げはまったくの別物。デュラエースのキラッとしたにぶい輝きに比べるとどうしても安っぽく見えてしまいます。屋外の太陽光の下ではそれほど気になりませんが、部屋の中の蛍光灯の下ではドブネズミ色といった印象。仕上げにもう少し高級感があれば文句なしなのですが。

歯数は純正と全く同じなので走った感じは以前と変わりません。HOLLOWTECHII中空クランクの踏み心地とか、クランクシャフトとボトムブラケットシャフトが一体化したことによる剛性感とかは恥ずかしながらぜんぜんわかりませんでした・・・。ただフロントの変速性能だけは、純正品と比べてとても滑らかになりました。性能よりはホイールの色に合わせてクランクの色もシルバーにしたかったというのがそもそもの交換の動機です。

2007年モデルのヒカリモノのヘッド周りは、2006年モデルに比べると、これはどうしたものかと実は注文したときから思っていました。しかしそれを逆手にとって、ヒカリモノにシルバー系のパーツをコーディネイトしていくと、結果的にこうなったわけですが、2007年モデルのカスタマイズの方向性の1つとして、これはアリかなとたいへん自己満足しております。

外した状態の純正クランク(裏側)とボトムブラケット。BBの両端の四角いシャフトにクランクの四角い穴がスポッとはまるわけです。なるほど、こういう仕組みになっているわけか・・・。チェーンリングの裏側にはいくつか機械加工の溝が施されています。変速性能はこのあたりの加工精度が決め手になるのでしょうか?


ケーキ&パン スイーツ・ツーリング

  • 2007/01/20(土) 21:47:32

今日は朝錬メンバーによるケーキ&パン スイーツ・ツーリングに参加させてもらいました。今日のメンバーは男性3、女性1の甘いもの好きの4人です。まずは川崎大師でお参りをしてから、川崎〜目黒〜池上本門寺のおいしいケーキ屋さんとパン屋さんを巡る企画です。食べることは大好きですが、とくに甘いお菓子やパンには目がない自分にとっては、これ以上ないくらい魅力的な企画です。

出発してしばらく走ると、綿ぼこりのようなものが舞ってきて何だろうと思っていましたが、なんと雪でした。ロードバイクの細いタイヤに雪はきっついな〜とかなり不安になりましたが、幸いすぐにやみました。それにしても今日は寒かった。途中でビルの屋上に設置された電光掲示板に目をやると、11:00の時点で気温は4℃、寒いわけです。

まずは川崎大師の近くのケーキ屋さんパティスリー・ラポム。注文が入ってからクリームを注入するシュークリームがおいしいお店です。私が頼んだのは、右下のエクレアとイチゴが乗ったパイの2つ。バニラの粒々がくっきり見えるカスタードクリームとパリッとしたパイ生地がなんとも言えずおいしかったです。基本的にイートインスペースのないお店ばかりだったので、買ってから近所の公園まで持って行って食べました。いい年の大人が4人集まって公園でケーキを食べている図はなんとも珍妙ではありますが、とても愉快でした。


次は目黒のケーキ屋さんOGGI。ここではクロワッサンとチョコレートのシュークリームを食べました。砕いたチョコがクリームの中に入っていてその食感がとてもおいしかったです。自分の分は、うっかり写真を撮る前に食べてしまいました・・・。


3軒目は中目黒のチーズケーキのお店ヨハン。サワーソフトとブルーベリーを注文しました。チーズ生地のなかにオレンジマーマレードが練りこんであり、ちょっと好みが分かれるところかなと思いました。


4軒目はそろそろしょっぱいものが食べたくなってきたのでラーメン屋さんに入りました。残念ながら店名を忘れてしまいましたが注文したのは塩味スープの海老ワンタン麺。ワンタンの中に海老が丸ごと入っていておいしかった〜。それにしてもよく食べるなぁと、自分の食欲にびっくりしました。
このお店の隣に自転車屋さんがあり、店員さんに声をかけられました。いろんなタイプの自転車が4台ラーメン屋の店先にまとめてくくりつけられているのがちょっと気になった様子。MTB+スリックタイヤの街乗り仕様が2台、クロスバイク1台とロードが1台。統一感のないグループですが、考えてみれば統一感を乱しているのは自分のせいか・・・。


そして最後の締めは、補給食の王道、あんぱん。これだけ食べておいて補給食もなにもあったもんじゃありませんが、お店は池上本門寺からしばらく走ったところのプチドルフィン。あんぱんが名物のお店です。行ったときにちょうど焼きたてで、表面がパリッとしてあたたかいあんぱんがとてつもなくうまかったです。


9:30に集合してショップに帰ってきたのは17:30。最後の最後は店長に暖かいコーヒーを淹れてもらいました。気温4℃の中、走行距離は55キロ。明らかに「カロリー摂取量」>>>「運動量」となりましたが、おいしいケーキ+初雪のたいへん楽しい1日でした。

ESCAPE R2 良い自転車でした。

  • 2007/01/13(土) 23:28:14

先週の話になりますが、ガリレオ購入以来すっかり出番の減ってしまったGIANT ESCAPE R2を実家の父に乗ってもらうことにしました。部屋の中には置き場所がないためマンションの廊下にずっと置いていました。直接雨ざらしになっているわけではありませんが、やはり屋外のため湿気やホコリでだんだん汚れていきます。そのような姿を見ていると、乗り手のない自転車がとてもかわいそうでした。

そんな話を実家の父にしたところ、意外にも興味を示してくれましたので、先週こちらに寄ってもらったときに持って帰ってもらいました。購入したのは去年の7月、走行距離は1700キロくらいだったと記憶しています。フレンチバルブ用の空気入れとOGKのヘルメット、夏用の指切りグローブもサービスでつけておきました。


父には少々フレームサイズが大き目だったので、もしかしたらガラクタを無理やり押し付けてしまったのかなと心配していましたが、意外にも楽しく(?)乗ってくれている様子です。今までは電動アシスト自転車を愛用していたので、アシストのないクロスバイクで家の手前まで続く坂道が登れるかが心配とのこと。車が登れる坂道だったら自転車でも登れるよ!と無責任極まりないアドバイスをしてみました。

電動アシスト自転車というのは充電が切れてしまったらアウト、ひたすら重いだけになってしまいます。充電の切れた携帯電話よりもはるかにやっかいな代物だと思うのですよ。実際には問題の坂道も軽々と登れたようで、先のアドバイスもあながちウソではなかったとほっとしました。

今度は、車に積んでサイクリングに出かけられるような折り畳み自転車、もしくは小径車が欲しくなったようで、自転車雑誌を買って研究中とのことです。自分の場合は、パンクしたママチャリの代わりにちょっと良いものをと思ってESCAPE R2を買ったのですが、気がついたら半年後にはロードバイクに乗って軽量ホイールがどうのこうのと小生意気なことを言っているわけです。このように、ESCAPE R2は自転車の楽しさを教えてくれる⇒趣味の自転車にどっぷりはまるという意味で、本当に良いバイクだと思った次第です。

ちなみに今日も行ってきました。湘南国際村。走行距離はジャスト100キロです。

前走車との間隔は30〜50cm

  • 2007/01/08(月) 18:52:56

今日は休日にしては朝寝坊気味で、目が覚めたら9:00でした。ベランダに出てみると空はパッカーンと晴れていて風もほとんど感じられず、ポカポカとした絶好の自転車日和。こんな日は自転車に乗らないわけにはいきません。急いで支度をして湘南国際村の頂上を目指して出発しました。軽めの追い風が吹く箇所もあり、国際村のふもとまではかなり気持ち良いペースを維持することができました。

坂を登りきって頂上に着いてみると、赤いキャノンデール+黄色スポークのスピナジーホイールを履いた見たことのある自転車が・・・。デジカメを持ってくれば良かったなと後悔しつつ、隣にガリレオを止めてしばらく待っていると、現れたのはやはり朝錬メンバーのTさんでした。

帰り道は先頭を引いてもらって、50センチくらいの間隔を維持するようにぴったりくっついて、ドラフティング走行をさせてもらいました。前走車に「引かれる」という言葉の意味が身をもって理解できました。自分の足の動力以外の力でス〜っと前に引っ張られる感じで、とても楽に速度を維持できます。

自分だけ楽をさせてもらっては申し訳ないので、途中で先頭を交代しましょうかと何度か言おうと思ったのですが、自分の何十倍もの自転車のキャリアがある人にそんなことを言っては逆に失礼にあたるのでは?と自問自答をしつつ、結局最後まで自分は後ろにぴったりくっついておりました・・・。

朝錬のグループ走行とは違う面白さと、またお気楽な部分もあってとても楽しい1日となりました。今日の走行距離はジャスト100キロ、トータル1952キロ。正月休みとこの連休で2000に乗せようと密かに目論んでいましたが、ちょっと足りませんでした。残念。

今さっきお米を研いでいて思い出しましたが、今日口にしたものは、朝ごはんにポテトチップ(コンソメWパンチ)半袋、往路のコンビニでオニギリ、国際村の頂上でウィダーインゼリーと缶コーヒー1本、復路のコンビニでアンパン。え、、これだけ?補給食以外のものを何も食べていないので、お腹が空きすぎて家に帰ってからハンガーノック気味です(笑)

卵が42個。

  • 2007/01/07(日) 15:08:12

昨日はおばあちゃんのお家に遊びに行って、たいへん貴重なものをいただいて参りました。それは写真の左側、うっすらと青緑がかったような(自転車乗り風に言うとビアンキのチェレステカラーを連想させるような)、なんとも不思議な色をしたアローカナの卵です。初めて聞いた名前ですが、アローカナというのは南米チリが原産で、幸せの青い卵を産む鶏として養鶏場では重宝されているらしいです。いただいてきた卵は、某農業高校にて野外で放し飼いにされているアローカナが産んだものであります。1週間に1個ほどしか卵を産まないのでなかなか手に入らないそうです。さっそくお昼に卵かけご飯にして食べました。卵かけご飯ってこんなにおいしいものだっけ?というのが一口食べたときの感想です。ご飯にかけないでそのまま飲んでみてもおいしかったです。


昨日までの時点で冷蔵庫に卵が12個、いただいた分が20個、そして明日生協の宅配で届く分が10個で合計42個。家族2人でこんなにたくさんの卵をいったいどうするつもりなのでしょうか・・・。もちろんおいしいうちに全部食べます!

ようやく初走り。

  • 2007/01/07(日) 11:06:54

朝錬で皇居まで往復してきました。朝のニュースでは、全国的に天気は大荒れ、内陸部では最大瞬間風速20m/sなどと恐ろしいことを言っていましたが、横浜〜東京は風が強い以外は拍子抜けするほど良いお天気です。お正月はごろごろしていたせいか膝の痛みもなく、また往路はもの凄い勢いの追い風に助けられ、たいして体の重さを感じることなく調子を取り戻すことができました。ちなみに日比谷通りを馬場先門で左折した先の大きな駐車場がいつもの休憩スポットとなっています。

帰りは皇居をぐるりと一周して帰ってきました。復路はキツイ向かい風なので、これはのんびりペースで帰れるかなと思いましたが、そんな甘えは許さないと言わんばかりのグループ走行。こういうときは前方の信号が赤になっていると心底ほっとします。太腿に乳酸がたまってあきらめが入る寸前になんとか六郷橋まで帰って来られました。ハヒー。

昨日は帰宅時間が遅くて、寝たのは2:00過ぎ。朝起きられるか不安でしたが5:40の目覚ましとともに休日の自転車モードに切り替わり、きっちり起きることができました。この情熱を他方面へ転用できたらすばらしいと思うのですが、そうはうまくいかないのです・・・。

走行距離は48.5km、初乗りにはちょうど良い距離でした。朝錬のおかげで体重も元に戻りつつあります♪

日記のようなもの。

  • 2007/01/05(金) 23:47:11

昨日から無事に社会復帰しました。
自転車のおかげで休日だけは異常なくらいの早起き癖がついているので、朝起きるのはつらくなかったですが、やっぱりこの2日間は体が重かったです。楽しみにしていた3日の初ライド(ショップのイベント)が中止になってしまったため(明け方の雨で道路が危険なほど濡れてました・・・)、ふてくされて2度寝して、起きたら昼過ぎで、結局ごろごろしていたらお正月が終わってしまいました。(泪)

この約100キロの初ライドがあることを前提にして、お正月は大好きなモチやおいしいものを食べまくって過ごしていたため明らかに 「カロリー摂取量」>>>「運動量」 となってしまい、体重は年末に比べて約1キロ増、なんとなく脇腹と太腿がぷるんとしてます。今度の週末は、日曜からは思ったよりは天気が良さそうなので、ようやく初乗りができそうです。

禁煙セラピー

  • 2007/01/02(火) 11:37:13

最近禁煙を意識しはじめました。自転車で走りに行って休憩中に一服すると、肺の活動が活発になっているところに煙を吸い込むためタバコの旨さが倍増する気がして(これが実際のところ本当に旨いんです)、逆にタバコの本数が増えてしまうという悪循環。これでは体に良いのか悪いのかわけがわかりません。それと坂を登ったときに喉の奥から聞こえるヒューヒューという尋常でない異音は、やはりタバコのせいかなと思います。

朝錬のメンバー30人程の中で喫煙者はほんの数人です。大人が30人集まって喫煙者がほんの数人しかいないというのは、喫煙者にとってはこれは非常事態です。みなさんから離れたところで、何か悪いことをしているようにこっそり吸っています。しかしながら、自分以外の喫煙者の方々はびっくりするほど速いので、レースのような極限状態でない限り、喫煙と自転車の速度はあまり関係がないようにも思えます。ですが、そういう方々とは積み上げた自転車のキャリアが違うので、ロードバイク暦3ヶ月の初心者がもっと速く走れるようになるためには、鼻から煙を吐き出している場合じゃないなと思ったわけです。

周りからは、いつもタバコをやめるように言われていますが、目的もなしにやめられるはずもなく、またやめる理由もないので、意地でもやめるもんかと思っていましたが、今回はやめる目的が見つかりました。そんな理由から禁煙を意識しはじめたわけですが、もうずいぶん長いこと一日一箱吸い続けています。コーヒーとタバコさえあれば他は何もいらないと思えるくらいの中毒状態ですので、昨年ちょっとだけ禁煙を試みてみましたが、8時間でリタイアしました。

そんなわけで、かの有名な「禁煙セラピー」を買いました。まだ読み始めたばかりですが、言い回しがとても面白くて、毎日少しずつ楽しく読んでいます。実際にこれでタバコをやめたという人が身の回りにいるので、うまくいけば禁煙できるかもと期待しています。


坂を登り切ったあとで軽い達成感とともに煙を吸い込むあの旨さを忘れることができるのか全くもって自信がないので、決して禁煙を宣言したわけではなく、あくまで禁煙を意識するだけです。うまく逃げていますが。もしこれでダメだったら保険適用の禁煙外来などの医療機関を利用するという方法もあるし・・・くらいの気持ちです。