2006.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.01

走り納め

  • 2006/12/31(日) 20:00:55

今年の走り納めということで、バナナを2本持って湘南国際村の坂を登ってきました。今日も風が強くてとても難儀しました。今日のような風の中で長距離を走ると、行きも帰りもどの方向を向いて走っていても、真正面から風がブーブー吹いてきて(実際にはそんなことはあるはずがないのですが)、漕いでも漕いでも進まないような被害妄想におちいります。普段は1時には帰ってこられるコースですが、今日は1時間余計にかかりました。走行距離は95.5キロ。

自転車に関して来年の目標は、湘南国際村の坂をゼーゼーしないで登れるように持久力をつけること、朝錬で先頭集団に着いていけるようになること。この2つを目標に頑張ろうと思います。10/7の納車からの総走行距離は1803キロでした。

帰ってきてすぐに年越しそばを食べにでかけましたが、疲れて冷え切った体にあったかい蕎麦がしみわたりました。我が家では大晦日のお昼ご飯に年越し蕎麦を食べるのが最近の習慣になっています。今日は蕎麦を食べて、明日はモチ。自分の大好物が2日に渡って食べられるのでお正月は大好きです。

ブログを始めてもう少しで3ヶ月になります。いつも見に来てくださる方々、コメントを下さる方々、どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。それでは良いお年を。

シルバーのクランクが欲しいのですよ。

  • 2006/12/30(土) 19:05:55

今日の午前中は皇居まで走りに行ってきました。風は強めでしたが、昨日よりはましです。昨日は強風のため出かける気にならなかったので、お家のガラス磨きと自室の掃除をしていました。結果的に年末大掃除のノルマを前倒しで達成したので気持ちに余裕ができて良かったです。

ショップは昨日が最終営業日だったので、夕方ちょっと寄ってクランクセットの相談をしてきました。シルバーのホイールに合わせて、シマノのコンパクトクランクFC-R700を狙っています。デュラエースのごっついデザインがとても好きなので、見た目も似ているこれにほぼ決まりです。

本当はデュラエースにしたいところですが、純正品と同じ歯数のコンパクトクランクは、デュラエースには残念ながら設定がありません。在庫もあって店も空いているので作業はすぐに済みますよ〜とそそのかされて、その気になりかけましたがもうちょっとじっくり考えようと思って今回は我慢しました。

今日は帰ってきてから軽くチェーンの掃除をしつつ写真を撮ってみました。こうして見ると、クランクもシルバーにしてしまうと、逆にシルバー系が強すぎてバランスを崩すかなぁと思ってみたり。うぅむ、悩むところです・・・。乗り始めたばかりのころは、ハンドルが遠いとかポジションが合わないとか駄々をこねていましたが、結局ステムはデフォルトと同じ100?の長さに戻しました。慣れてくるとハンドルは遠く低くなりますよと以前に交換した際に言われましたが、その通りでございました。


盗難・事故に備えて

  • 2006/12/25(月) 23:22:47

傷害保険(掛け捨てではなく満期時に返れい金が返ってくるタイプ)に加入しているので、一昨日のケースから思い立って、自転車が盗難に遭った場合に補償を受けられるかどうかを代理店に聞いてみました。

補償項目の中に「携行する身の回りの品の、偶然な事故(盗難・破損・火災等)による損害を補償」というのがあるので、自転車本体の盗難はもちろん、その他の装備品の盗難の際にも補償を受けられるとのことでした。

自分の加入しているプランでは補償金額は10万円までなので、自転車本体を盗られた場合はぜんぜん足りませんが、それでも何もないよりはましなのでちょっと安心しました。オプションとして30万円まで補償可能なプランもあり、また逆にこちらが事故の加害者になった場合でも賠償責任の補償がされます。この内容なら自転車専用の自転車保険にわざわざ加入する必要はないのかなと思いました。

一昨日のケースは授業料と考えて、盗難に遭わないように対策するのはもちろんのこと、自分が他人を怪我させたりすることのないように気をつけて自転車に乗ろうとあらためて思いました。

バズキル

  • 2006/12/24(日) 10:00:37

ただいま朝錬(皇居往復)から帰ってまいりました。そのままの勢いでブログ更新です。

今朝も猛烈に寒かったのですが、もうひとつ持っていた指先までの薄手のグローブの下に伸び伸び手袋を重ねたら、意外にあったかくて快適だったので、昨日のイヤなことは忘れて立ち直りました。100kmを走った翌日の朝錬はきっついです。ラストの六郷橋でアタックがかかると、もうまったくもって着いていけません。チキショー。

昨日からバズキルを装着してみました。特殊構造でハンドルバーに伝わってくる振動を打ち消し、腕への疲労を軽減してくれる効果のあるバーエンドプラグとのうたい文句です。
転んだことはまだありませんが、いつの間にかバーエンドキャップがボロっちくなって取れかけていたため、効果のほどはダメもと、多少でも効けばラッキーくらいの気持ちでドレスアップ目的に購入したのですが、思っていたよりは効いているような気がします。


BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンのように逆位相の振動が発生して不快なビリビリを打ち消しているのでしょうか?ゴムとアルミだけの簡単な構造でそんなことが可能なのかは謎ですが、確かにハンドルに伝わる振動は軽減されているように思えます。デザイン的にも良いアクセントになりけっこう気に入りました。そうそう、バーテープをハンドルバーの内側に巻き込んだまま装着すると効果がないようなので、バーテープはハンドルバーの末端でスパッと切るのがポイントです。

これからランチに行ってその後はお昼寝。
朝錬→ブログ更新→ランチ→お昼寝が最近の日曜日の習慣になりつつあります。

今夜はクリスマスパーティ

  • 2006/12/23(土) 23:46:58

イヤなことは忘れて今夜はクリスマスパーティでパァーっと盛り上がりました。クロちゃん、K嬢、たまぎゅう氏お疲れさまでした。みなさん疲れがたまってるようですね。落ちるのがいつもより若干早かったような・・・。今年もあと一週間、もうひと頑張りしましょうか。

日本人なのに何でクリスマスだけお祝いするのという意見の方もいらっしゃるとは思いますが、我が家では単純にご馳走とケーキを食べる日という認識です。あ、でも赤いサンタ帽子だけはかかせませんが。

自家製ローストチキン。
今回は丸鶏を家のオーブンで焼くのが初めてということもあって生協(パルシステム)の冷凍鶏一羽を使いました。二日前から冷蔵庫に移して解凍し、さらに一晩調味液に漬け込み。醤油・みりん・砂糖など味付けはひたすら和風です。焼く30分くらい前にざるにあげ、汁気を切りあらかじめ温めておいたオーブンで上下をかえしつつ一時間強。竹串を刺してみると、澄んだ肉汁があふれプロ級のローストチキンの完成です。とってもやわらかくておいしかったー。あっという間に売り切れました。(私が作ったわけではございません。私はいつも食べるだけで、洗い物とその他の雑用担当です。)


ケーキはいつものお店ではじめてイチゴショートを頼んでみました。やっぱり期待を決して裏切らない味です。こちらもたいへん美味しゅうございました。


今回残念ながら参加できなかったP子さん、新年会ではぜひお待ちしてますよ〜。

グローブを盗まれたナリーニ(怒)。

  • 2006/12/23(土) 22:49:17

今日もいつものコースの湘南国際村の坂を登ってきたわけですが、とてもイヤなことがありました。

頂上の駐車場のトイレ脇に自転車を停めて、休憩してから帰ってくるとサドルの上に置いたグローブが無くなっていました。サドルの割れ目にグローブの指先を差し込んで干しておいたはずなのに。今日は風もなく良いお天気だったので、風で飛ばされたとは考えられません。誰かがイタヅラで持っていったとしか思えない状況です。

高級スーパーUNION(ユニオン)の管理事務所に、盗難に遭いましたと相談しても、そういうことは警察に言ってくださいと冷たくあしらわれる始末。確かに自分に油断があったことは認めますが、この悔しい思いをどこにぶつければいいのか・・・。

あきらめて坂を下りましたが、寒さで手の骨が痛くなってきました。近くのコンビニで手袋を買って帰りました。すごく気に入っていたナリーニのウィンターグローブ、悔しいというより今ではとても悲しいです。自転車本体を持っていかれたわけじゃなくて良かったと思って今回はあきらめます。皆さんも盗難にはくれぐれもお気を付けください。これからは自転車から目の届かないところには絶対に行かないようにします。

自転車の重さを計ってみました。

  • 2006/12/17(日) 23:53:09

今朝は早起きして朝錬に向かったのですが、路面がかなり濡れていて、走っていると水がはねてスネとシリが冷たいので途中で引き返し、朝錬はお休みしました。

路面が乾いてから、一人朝錬で皇居まで行ってきました。帰り道は向かい風がけっこうきつくて疲れました。昨日も今日もニューアイテムのおかげでテンションが高く、張り切りすぎてしまい筋肉痛です。ここまで自転車にはまると次はケイデンスセンサーと心拍計のついたサイクルコンピューターが欲しくなってきました。走行距離45.8km アベレージ24.1km/h

自分のようなホビーユーザーが軽量化なんて言うのはちょっとおこがましいですが、自転車の重量の実測値が知りたくて、ホイール交換に備えてホームセンターでバネ計りを買っておきました。(ブログのネタとしては面白いかなと思ったので・・・。)

自転車からホイールを外した状態(ホイール+チューブ+タイヤの重量)で計った結果が以下です。
純正ホイール: 前輪1.18kg 後輪1.68kg
交換後:     前輪1.05kg 後輪1.45kg
※)後輪はスプロケットの重量も含まれます。
前後輪合わせて、およそ360gの軽量化。重量だけを考えると、たった360gの差しかないわけですが、回転する部分での360gの差はとても大きいようです。自転車に乗り始めてからボキの体重は5〜6キロ軽量化されましたが、もっとも軽量化されたのはやはり自分の財布でした。(自転車関連のブログではよく見かけるフレーズですが・・・。)

自転車の重量は、ワンタッチで外せる装備品をすべて外した状態で8.7kg、満タンに入れたドリンクボトル、ツールボトル、デジカメを収納したサドルバッグ等(最近あまりデジカメを携帯していませんが)をすべて装備すると10.3kgでした。クロスバイクに比べたらやっぱり軽いな〜♪。

(ベランダの物干し竿に自転車をぶら下げて重さを計っている姿は我ながら笑えました。)

MAVIC キシリウムSL

  • 2006/12/16(土) 21:39:07

買ってしまいました、KSYRIUM SL
つい先日までは2000キロくらいはノーマルのまま乗って、純正ホイールの乗り心地をじっくり覚えて、交換するのは年が明けてからにしようかなと思っていたのですが、朝錬に参加してみなさんの素敵なバイクを見ていると、つい物欲を刺激されてしまいます。これはショップの陰謀でしょうか?(笑)

ちなみに、今日までの総走行距離は1369キロ、リアタイヤの接地面から網目模様のトレッドパターンが消えて平らになりかけという感じで、純正ホイール&純正タイヤの乗り心地も十分堪能したつもりです。今までどうもありがとう。

好みは人それぞれですが、というかブラックでもシルバーでも両方とも素敵ですが、2007年モデルのヒカリモノ系フレームにはシルバーのホイールがとても良く似合うと思います。(ちょっと派手になりますが・・・。)
雰囲気がガラッと変わってしまうだけに、純正ホイールの黒以外の色を選択するのはたいへん勇気が要りましたが、とても気に入りました。ぶっといスポークがカッコ良すぎです。大満足です。


早速いつものコースの湘南国際村の坂を登ってきました。
店長さんは、停止状態から踏み出した瞬間に違いがわかりますよ〜とにっこり笑って言うのですが、残念ながら自分にはその違いが今ひとつわかりませんでした。確かに踏み出しが軽い感じはするのですが、それほど大きな違いは感じられなかったです。ボキが鈍いのでしょうか・・・。

ですが、ビックリしたのは30km/h程度まで加速してから。もちろん加速していく最中の踏み込みの軽さにもビックリしましたが、ある程度の速度が乗ってからの回転抵抗がとても小さくなったように感じます。多少大げさですが、30km/h以上ではペダルを踏んでいるというより回しているだけでその速度が維持できてしまうような、そんな錯覚におちいりました。が、やはり錯覚は錯覚で、頼れるのは自分の足の動力だけです。

そして次にビックリしたのは登りの軽さ。同じ人間が同じ力で踏んでいるのに、前より1〜2枚重いギアでも踏むことができます。純正ホイールとの一番の違いは坂を登ったときかなと思います。

ラチェット音は純正ホイールより明らかにうるさいです。といっても耳障りなのではなく楽しくなってくるような高周波のカリカリ音です。そして、一番気にしていた乗り心地ですが、まったく問題ありません。タイヤは、乗り心地・軽さ・価格の3つのパラメータのバランスが一番良さそうな、HUTCHINSON(ユッチンソン) FUSION COMPを選びました。このタイヤのおかげなのかわかりませんが、路面から伝わる振動もぜんぜん気になりません。乗り心地は今までとまったく同等でした。

ちなみに、今回スプロケットは交換せずに、もともとついていたのを流用しました。平地がメインなので慣れてくるとわざわざ交換する必要もないかなと思いました。

今日の走行距離は95.8km、アベレージ25.8km/h
前回と比べて明らかにアベレージが上がっています。体感的にも実速度においても、ここまではっきり違うとは思いませんでした。機材の力はすごいです。と興奮してしまいましたが、よく考えてみたら風向きとかもあるし、実速度にどれくらい効果があるのかは・・・謎です。

朝錬&メンテナンス講習会

  • 2006/12/10(日) 13:26:32

ツーリング計画は残念ながら天候不良のため延期になってしまいましたが、朝錬で皇居に行ってきました。心配していたほど路面状況も悪くなく、ただ朝のうちは曇り空で非常に寒かったです。休憩していると急激に体が冷えてきます。家に帰ってくるころにはいつの間にか快晴でしたが、相変わらず気温はなかなか上がりません。今日は完全に冬型のお天気のようです。


そして帰ってきてからショップ前の歩道でメンテナンス講習会。
第一回目の今日のテーマはメンテの基本パンク修理。まずは前輪、後輪の外し方のコツ(後輪の場合チェーンを触らずにディレイラーの先端を押すと手が汚れないで済むなど)を教えてもらいました。なるほど!

そして実際に外した各自の前輪を使って演習開始です。まずはチューブから空気を抜いて、バルブと反対側からタイヤレバーを使ってタイヤを外し、中のチューブを取り出します。一本目のタイヤレバーと二本目の間隔が広すぎたようでなかなか外れませんでした。最初の4分の1くらいまではけっこう力がいりました。

今度はチューブとタイヤを装着する練習です。軽くチューブに空気を入れてからタイヤの中にチューブを収めます。全部収まったらタイヤをバルブ側からホイールのリムに引っ掛けていきます。最後の20センチがなかなか入らず苦戦しました。両手のひらでタイヤを反対側にねじるように力を入れるのがコツのようです。


最後は各自の持っている携帯空気入れで空気を入れていきます。空気入れはTOPEAKのマイクロロケットを携帯しているのですが、購入してから今まで一度も使ったことがありません。こんなに小さくてもちゃんと空気が入るものなんですね。(最後のほうはかなり苦労しますが。)

予備のチューブとタイヤレバーと空気入れ、携帯していても使ったことがないため実際にパンクしたらどうしようと今まで不安に思いながら走っていましたが、これで安心です。とてもためになる講習会でした。寒さのため手がかじかんで、思うように作業が進みません。できれば冬の寒い中ではパンクしたくないなと思いました…。

ガリレオツーリングの下見に行ってきました。

  • 2006/12/03(日) 15:45:02

ショップの朝錬に参加してから皇居まで下見に行くつもりだったのですが、なんと朝錬のコースが皇居までの往復でした。下見の手間が省けて一石二鳥。なんだか楽をしてしまってスミマセン。

今日のルートは国道15号をひたすら走り、芝五丁目交差点を左折、日比谷通りに入り皇居までというとてもシンプルでわかりやすい道順でした。歩行者や駐車車両の多い通りがなく、また道幅も広いのでとても走りやすかったです。今日の走行距離は自宅から皇居までの往復で44.3キロだったので、多摩川CRを下ってくる場合は六郷橋から皇居まで20キロ程度だと思われます。

ただ、多摩川CRを下ってくる場合、ほえ〜さんの246を使ったルートと比べると二子橋〜六郷橋はけっこう距離があるのでその点だけが心配です。

念のためショップの店長さんに皇居に行くには国道1号と国道15号のどちらがいいですか?と尋ねたところ、国道1号は3車線あっても1車線の幅が狭く、自転車のすぐ脇を車が追い抜いて行くのでけっこう危険とのこと。初めて走るのであれば15号を勧めます、とのことでした。私も国道1号で蒲田あたりまでは行ったことがあるのですが、確かに道幅が狭くて怖かったです。

++++++++++

朝錬が終わって途中の惣菜屋さんでおにぎりと味噌汁を買って、開店前のショップ店内でメンバーの皆さんと朝ごはんを食べました。運動したあとのご飯は格別です。メンバーの方々とのこういった交流がとても楽しいです。

バナナを2本持って湘南国際村へ。

  • 2006/12/02(土) 20:07:48

前回の朝錬で補給食の大切さがわかったので、今日は背中のポッケにバナナを2本さして再び湘南国際村へ一人朝錬に行ってきました。今回は100キロ走行の際の栄養補給をテーマに走ってみました。

家を出る前に朝ごはんとして菓子パン1個、往路の中間地点の休憩スポット(コンビニ)でおにぎり1個、湘南国際村の頂上でバナナ1本、復路の中間地点でバナナ1本を食べました。全くばてることなく家に帰ってこられました。炭水化物とバナナの効果は絶大です。帰り道は強めの追い風だったのですごく楽に走れたこともあったのですが、前回と違って体から力が抜けるようなこともなく疲労感もかなり軽いです。

さっきショップの店長さんから聞いた話ですが、空腹を感じてから何か食べても手遅れで、空腹になる前に補給食を摂ることが大事だそうです。確かにその通りだなと身をもってわかりました。

初めて走る坂道はどこまで続くのかわからないので疲れが倍増なのですが、一度登った坂なら意外と気楽に登ることができました。といっても脚と呼吸がキツイのは同じなのですが。ただゼーゼー言っているだけではなく、喉の奥から壊れた笛のようなヒーとかヒューという感じの音が聞こえます。でも登りきったあとの軽い達成感がなんともいえません。自転車乗りが坂を登るのはこの軽い達成感のためだろうか?などと頂上でバナナを食べながら考えてしまいました。

というような感じで101キロを楽しく走ってきました。明日はガリレオツーリングの下見に行く予定です。久しぶりに2日間とも晴れの週末になりそうです。