2017.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.04

いつの間にか

  • 2008/04/26(土) 06:27:03

禁煙してから1年が経過していました。禁煙を開始した去年の4/9から今日までの1年ちょっとの間に吸ったタバコは1本。去年の6月のMt.富士ヒルクライムの富士山5合目休憩所にてレース後の高揚感と達成感の中で吸った1本のみでした。今年はこの1年に1本のタバコを楽しみに生きてきたのですが、Mt.富士ヒルクライムは超人気イベントのためエントリーが間に合わなかったので、タバコを吸う楽しみがなくなっちゃいました。うーん、残念。

前のお家のボキの部屋。壁にとりつけた階段状の小さな棚を取り外してみると、ヤニの跡がくっきり。長年の喫煙で真っ黒になった肺の写真とかを見せられても何とも思いませんが、目に見える部分がこんなふうに汚らしくなっていると、もう二度と一生タバコは吸うまいと思います。(1年に1本くらいはいいかな・・・。)


この前久しぶりにIS○YAに行ったらタケノコをいただきました。ニョキニョキ。


うちは無洗米なので米ぬかがないのですが、そういう場合は生米を一緒に煮ても可とのこと。米をケチったらちょっとだけエグみが残っちゃいましたが、野性味あふれる筍ウマー。どうもありがとうございます。

禁煙2ヶ月

  • 2007/06/09(土) 05:36:54

4/9に禁煙を開始したので今日で丸2ヶ月たちました。もう今ではタバコを吸いたくなることもほとんどなくなり、とくに禁煙を意識しなくても、普通に非喫煙者として生活できるようになりました。が、じつは6/3に禁煙に失敗しています。というのは富士ヒルクライムで5合目の山小屋で下山前の休憩中に喫煙チームが一服しているのを見て、ハイになった精神状態の中でつい1本もらいタバコをしてしまいました。(5合目まで登ったご褒美ということで自分に言い訳)久しぶりの味のほうは…あんまりうまいもんじゃねぇなと思ったのですが、一仕事したあとの一服というのは、どういうわけか達成感を倍増させてくれる効果があります。久しぶりの一服を根元まで堪能しました。このまま元の無限ループに戻ってしまったらどうしようと心配でしたが、さいわいそんなことはなく、下界にもどってきてからは今のところぜんぜん吸いたいとは思いません。良かった。。

自転車に乗るときにジャージの背中ポッケにタバコと携帯灰皿を入れる必要がなくなって、少ない収納スペースをより有効に使えるようになったことにすごくメリットを感じています。

禁煙の効果

  • 2007/04/21(土) 21:28:03

今日もいつものコースの湘南国際村に自主練に行きました。風がかなり強くて往路は非常に難儀しましたが、国際村の坂では頂上へ向かって下から吹き上げるような強い風が吹いていたのと、禁煙の効果がさっそく現れたようで、すごく呼吸が楽で体が軽い感じがして、今日は坂を3往復できました。走行距離は112キロ。

タバコが吸いたくて切なくなってくると、口さみしいのを紛らわすためについお菓子などを食べてしまうので、体重が2週間前よりも1〜2キロ増えてしまいました。体重は重くなっても体は軽く感じるというのは不思議なのですが、禁煙に成功してかつ体重が元に戻れば速くなれるかな・・・。

心肺機能にタバコがいかに悪影響なのかが身にしみてよくわかりましたが、正直まだ吸いたいです。わざとタバコを吸っている人の風下に行って、鼻の穴をふくらませて思い切り副流煙を吸い込んでみたり。我ながらなんて情けない・・・。禁煙セラピーによると離脱期間は最低3週間。あと1週間か、もうちょっとの辛抱だ。頑張ろう!

禁煙7日目

  • 2007/04/15(日) 20:36:29

 先週の日曜日から咳がとまらなくて、病院に行ったら気管支炎だと言われました。あまりにもひどい咳で、さすがに煙草を吸いたいとは思わなかったので、これはいいチャンスとばかりに禁煙に再チャレンジです。
 禁煙を始めていちばんつらい2日目、3日目あたりは喉の痛みと咳のため禁断症状に襲われることなくクリアー。ここを乗り切ってしまうと、つらい禁断症状を我慢する苦しみがかなり減ってだいぶに楽になりました。先週は仕事のプロジェクト解散会と発足会で飲み会が2回。この2回の飲み会で煙草を我慢できたのが自信につながりました。つい1本ちょうだいと言ってしまいそうでしたが、ここで吸ってしまうと煙草の無限ループに逆戻りなので、ここはぐっと我慢です。

 禁煙7日目の今日は、国際村の頂上で、ここで坂を登った後で吸う1本が美味かったんだよな〜と思いながら禁煙パイポをくわえていました。禁断症状は脱しましたが、一息入れているときに口にくわえる細長い物体が何もないというのは何か口寂しいもので・・・。
 完全に禁煙に成功したと言い切れるのは3ヶ月くらい経ってからでしょうか。とりあえず1週間は乗り切ったので、このままの勢いで煙草やめられたらうれしいな。

昨日今日と2日続けて国際村に行ってきました。とくに今日はレースに備えてチームの自主錬です。同じ目的に向かって頑張っている連帯感があってとても楽しく練習できました。走行距離は2日で208キロ。

禁煙失敗・・・。

  • 2007/02/04(日) 11:52:41

禁煙セラピーを読み終えたので、禁煙を開始したわけですが、たったの36時間で情けないほどあっけなく失敗に終わりました。タバコが吸いたくなるタイミングというのは、毎日ほぼ同じなので(例えば、朝起きてすぐの目覚めの1本、出勤前にコーヒーを飲みながらの1本、会社に行ってから午前中に一休みの1本、お昼ご飯の後の1本、・・・)それをあらかじめ予測して、そろそろ来るなとタバコが吸いたい欲求をなんとか抑えて1日目はかろうじて乗り切りました。

しかし次の日の朝、目覚めの1本を我慢した後で、コーヒーを淹れたところまでが限界でした。タバコを吸いたい欲求がコーヒーの香りに連動して条件反射的に襲ってきて、どうしても我慢できずに自販機に買いに行ってしまいました。コーヒーとタバコの最強の組み合わせには勝てませんでした。ちなみに禁煙1日目の夜は、自分ではあまり自覚がありませんでしたが、今まで見たことがないくらいにイライラしていたそうです。

実は今まで禁煙しようと真剣に思ったことは1度もなく、今回が初の試みだったのですが、禁煙がこれほど難しいとは思いませんでした。あらためてタバコの麻薬的な常習性、中毒性を思い知りました。36時間ぶりに1本吸ったときは、頭がクラクラして今ひとつおいしいとは思えませんでしたが、2本目を吸ったときのおいしかったこと。後から考えれば、この2本目のために禁煙したようなものです。(バカ過ぎです<自分)

はぁ・・・。

禁煙セラピー

  • 2007/01/02(火) 11:37:13

最近禁煙を意識しはじめました。自転車で走りに行って休憩中に一服すると、肺の活動が活発になっているところに煙を吸い込むためタバコの旨さが倍増する気がして(これが実際のところ本当に旨いんです)、逆にタバコの本数が増えてしまうという悪循環。これでは体に良いのか悪いのかわけがわかりません。それと坂を登ったときに喉の奥から聞こえるヒューヒューという尋常でない異音は、やはりタバコのせいかなと思います。

朝錬のメンバー30人程の中で喫煙者はほんの数人です。大人が30人集まって喫煙者がほんの数人しかいないというのは、喫煙者にとってはこれは非常事態です。みなさんから離れたところで、何か悪いことをしているようにこっそり吸っています。しかしながら、自分以外の喫煙者の方々はびっくりするほど速いので、レースのような極限状態でない限り、喫煙と自転車の速度はあまり関係がないようにも思えます。ですが、そういう方々とは積み上げた自転車のキャリアが違うので、ロードバイク暦3ヶ月の初心者がもっと速く走れるようになるためには、鼻から煙を吐き出している場合じゃないなと思ったわけです。

周りからは、いつもタバコをやめるように言われていますが、目的もなしにやめられるはずもなく、またやめる理由もないので、意地でもやめるもんかと思っていましたが、今回はやめる目的が見つかりました。そんな理由から禁煙を意識しはじめたわけですが、もうずいぶん長いこと一日一箱吸い続けています。コーヒーとタバコさえあれば他は何もいらないと思えるくらいの中毒状態ですので、昨年ちょっとだけ禁煙を試みてみましたが、8時間でリタイアしました。

そんなわけで、かの有名な「禁煙セラピー」を買いました。まだ読み始めたばかりですが、言い回しがとても面白くて、毎日少しずつ楽しく読んでいます。実際にこれでタバコをやめたという人が身の回りにいるので、うまくいけば禁煙できるかもと期待しています。


坂を登り切ったあとで軽い達成感とともに煙を吸い込むあの旨さを忘れることができるのか全くもって自信がないので、決して禁煙を宣言したわけではなく、あくまで禁煙を意識するだけです。うまく逃げていますが。もしこれでダメだったら保険適用の禁煙外来などの医療機関を利用するという方法もあるし・・・くらいの気持ちです。