2017.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.12

富士ライン祭り

  • 2009/08/29(土) 23:23:13

山登りの季節その3
今年の夏のイベントの目玉は富士ライン祭り。富士山5合目へと続く3本の登山道、スカイライン、あざみライン、スバルラインを一日でいっぺんに登っちゃおうというおバカ企画。去年は参加者2名というたいへん不人気なイベントwwwだったらしいですが、今年は参加者7名+イタズラ班2名の大人気イベントになりました。

当日の夕方からお天気下り坂ということで、先発隊3人(第1班=ニャロメ、fukaさん、ニョホホ)は金曜日の仕事が終わってから22:00に集合して出発、あざみラインの入口にある浅間神社駐車場にて仮眠をとり、早朝3:00の真っ暗闇の中スタート。


買ったばかりのTTヘルメット被って車を運転するDO太郎大先生と、ここまでママチャリで自走?してきたSEIKYOさんのイタズラ班と遭遇。我々よりも先に現地入りして、あざみラインにロードペイントをほどこし、我々を待ち伏せしていたとのこと。3人でゼエゼエ言いながら登っていると、真っ暗闇の中から飛び出してきて、ウオーッと叫びながら追いかけてくるし・・・。愛情のこもったイタズラ本当にどうもありがとうございました。とっても元気が出ました。


+++++++++++++++
まずは1本目、あざみライン須走口登山道5合目に到着。真っ暗闇の中を登ってきたので、手元のスピードメーターが読めません。速度が何キロ出てるのかぜんぜんわかりませんでしたが、元気な1本目はけっこう良いペースで登ってきたみたい。朝5:00の幻想的な夜明け前の5合目の景色。


太陽は地平線と雲海との間。寒さに歯をカチカチ鳴らしながらご来光を待ちます。


富士山頂をバックに記念撮影。ママチャリかよ!


さあもうすぐご来光。


キター!今年の年賀状はこの写真を使おうっと♪

寒さにやられたボキはDO太郎大先生の車に乗って下山しました。。下りのないヒルクライムはなんて快適なのでしょう・・・。

+++++++++++++++
そして2本目のスカイライン。
水ヶ塚駐車場にて当日集合組(第2班=☆のさん、naotoman、ほんまぁさん、K上さん)と合流して、7:00にスタート。出だしは足が残っていたものの、中間地点で休憩してからはまったく出力が上がらず。先行するみんなにだいぶ引き離され、前を行くニャロメ&☆のさんの背中が遠ざかる〜。。メーターを見ると時速5〜6km/hしか出せません・・・。(泪)

ようやく五合目に到着。ああつらかった。。


先週の乗鞍に引き続き、今日も快晴です!五合目から眺める雲海のなんて綺麗なこと。ここまで登ってきた甲斐がありました。この時点で9:00くらい。



+++++++++++++++
そして3本目のスバルライン。
2本登った後のスバルラインでタイムアタック、実はこれが今回の目的。初めてスバルラインを登ったのは3年前のMt.富士ヒルクライム。そのときのタイムが1時間34分。それ以来一度も登ったことがありませんでしたが、少なくともこのときのタイムを上回ることをまずは目標に。このため移動中の車内でドーピングして疲労回復に努めます。

1合目まではけっこう勾配があるので無理せず軽いギヤでクルクル回して疲労を溜めないように、勝負は1合目駐車場を過ぎてから。緩斜面では重めのギヤを踏んで加速、ところどころ勾配が上がるところは軽めのギヤでクルクルと乳酸を散らしたり、ダンシングして気分転換したり。割りと良い感じのペースで登れているような気がする。。途中の四合目の手前あたりで先頭を行くほんまぁさんの青いジャージがはるか前方にチラリと見えた!よし、まだまだ出力は落ちてないぞ。頑張って追走するも、青いジャージを視界にとらえたのはこの一回だけでした・・・。

肝心なときにストップウォッチの計測を失敗してしまいましたので、到着順とアベレージ速度から推定したタイムは1時間25分台?あくまで推定の数字は抜きにしても、最後まで出力が落ちなかった結果には満足。この集合写真のタイムスタンプが13時ちょい過ぎ。先発隊の第1班はこれにて3本完走!ウヒヒ。


+++++++++++++++
そして第2班の3本目はあざみライン。
4本目を登ると言って聞かないニャロメ先生に、「もう俺らアラフォーなんだからさ、無理して体壊したら元も子もないじゃんー」となんとか説得して、途中までは車で行って馬返しから先だけを自転車で登るということでここは納得してもらいます。

第1班の3人は車の中から野次を飛ばしてみんなを応援。




フロントノーマルクランクにリア12-23のスプロケ、超ハイギヤードであざみに挑むチャレンジャー!


応援というよりもむしろ嫌がらせ?www


残念なことに、馬返し以降は土砂降りの大雨のためこれにて中止となってしまいました。
雨天中止は残念でしたが、今回もまたとても楽しい25時間でありました。

+++++++++++++++
翌日の朝錬は目が覚めても動けなかったのでお休み。昼間にISOYAに行って、YANO大先生に、来年の自走で富士ライン祭りへの参加を表明してまいりました。

おわり