2017.04 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.06

鋼鉄のタマキソ養成サドル

  • 2010/02/27(土) 22:13:29

今日は雨が上がって路面が乾くのを待ってから観音崎へ。今日の目的はリーガルに座って100キロ走れるかどうかを検証すること。座面が硬いのは承知の上で衝動買いしたこのサドル、これに座ってローラー乗ると、30〜40分を過ぎてからはかなりの試練を強要されます。鋼鉄のタマキソ養成サドルと勝手に命名。

結果は、タマキソの裏がこすれてちょっとヒリヒリするけど100キロ程度なら大丈夫なので一安心。自転車乗るのに本当に必要なのは腹筋やハムストリングスなんかではなく、頑丈なタマキソであるとあらためて思った次第。結局帰り道に降られてびしょ濡れになってしまいました。長距離走ったのはいつ以来だろう。久しぶりすぎてぜんぜん思い出せない・・・。

出かける前に一汗。

  • 2009/11/23(月) 14:32:50

近所のホームセンターにて防振ゴムを買ってきて下に敷いてみたところ、床に響く振動と騒音はかなり軽減。あとはマットを探してこよう。それと先月押入れにしまった扇風機をもう一度ひっぱり出さなくては・・・。


さっそく出かける前に一汗かきました。このお手軽感が良いね♪
Distance 20.1km
AvgSpeed 40.1km/h(あんまり意味ないけど運動量の目安。。)
MaxSpeed 66.0km/h(家の中で畳1枚のスペースがあればこんな速度が出せるとは、いとおかし。)
AvgCad 98
ブラケット⇔下ハンの持ち替えがスムーズにできません。難しいーー。

流行りモノ。

  • 2009/11/22(日) 23:50:38

ソファーの下15cmの隙間に収納できるものが欲しくて探していたら、ちょうど良いのがありました♪。高さ13センチ、収納時は長さ80センチでぴったり。初めて乗った昨日は、怖くてシフトチェンジすらできなかったですが、2回目の今日はだいぶ慣れてきて、シフトチェンジもできるようになりました。明日の目標は、ブラケット⇔下ハンの持ち替えができるようになること。左右の両方を壁に囲まれていないと安心して乗れないのですが、我が家ではそんな場所は玄関からリビングへと続く廊下だけ。(廊下の左側にはトイレあり)。現状での最大の問題点は、私がこれをやり始めると家族がトイレに行けなくなること。そして思ったよりもだいぶ駆動音が大きいので、早いところ防音防振対策を施さないと苦情になりそうな気がする・・・。

今日はとりあえず20キロ乗ってみました。けっこう楽しいのでこれなら続けられるかな〜。

バキーン!

  • 2009/08/12(水) 23:22:03

本日の帰り道、走り出して1キロくらい、登り坂にさしかかりサドルから腰を浮かした途端に足元からバキーン!という破壊音。信号待ちをしている歩行者も振り返るほどの大音量。スポークが折れました・・・。


とぼとぼとレソタルボックスまで自転車を押して帰り、ジャージとレーパンを回収し、むき出しのホイールを持って電車に乗って帰ってきました。トホホ。今までまったくトラブルとは無縁だったお気に入りのホイールですが、ぶっ壊れるときは意外とあっけないものですね。このホイールを買ってからおよそ2年半、けっこう乗ったからな〜。スポークの寿命でしょうか・・・?

とりあえずはスポークを交換して修理してもらうとして、今後の通勤はどうしたものか。。しばらくは鉄下駄MOSTホイールの出番かな・・・。

タイヤ

  • 2009/06/23(火) 22:12:16

いま使っているタイヤはガリレオも585も両方とも、信頼と実績のグランプリ4000シリーズ。ガリレオのタイヤ交換をしたのがいつだったか思い出せませんが、交換時期を知らせるインジケーターの減り具合を見るとそろそろ前後ローテーションしたほうが良さそうかな〜。タイヤ本来の寿命を全うするまで履き潰したいところです。

フロント


リア


そしてタイヤをチェックしているとザックリした傷を発見。まあこの程度の傷はよくあること。念のため裏から布ガムを貼って、傷はアロンアルファでパテ盛りして修理しておきましょう。。

これはぜったい買いだ!

  • 2009/06/10(水) 23:12:57

前々回くらいの記事で向こう3年間はもう何も買いませんなんて書いてしまいましたが、これだけは買おうと思います。もしかすると我々自転車乗りのバイブルとなり得るやもしれませぬ。今度プロテイン買うときに一緒に注文しようっと!
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%82%BD%E3%83%9A%E3%82%BD-%E4%BC%8A%E6%9D%B1-%E6%98%8C%E7%BE%8E/dp/4569545890

もしくはこちら。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=4625

誤魔化しようのない現実。

  • 2009/06/09(火) 23:02:25

土曜日と日曜日はさっそくコスミックカーボンSLRを履いて2日間で80キロほどガチ漕ぎしてみました。ネットで調べてみると35km/h以上の巡航がめちゃくちゃ楽であるとか、足を止めても慣性でホイールが勝手に回ってくれる等のインプレが数多く目に付きますが、感受性の鈍い私にはそのような明らかな違いはまったく感じられません・・・。もっと長距離を乗ってみないとわからないのかな〜。

手持ちのホイールとの比較しかできませんが、踏み出しの軽さはキシリウムSLと同等で軽いです。ペソペソとした薄いカーボンスポークのせいか、こちらのほうが柔らかくて穏やかな乗り心地。おかげで容赦なく硬いフレームがいくぶんマイルドになった感じがします。

肝心なディープリムの効果といえば、40km/hとか45km/hとかで高速巡航しているときに、フトモモに乳酸が溜まって力尽きてタレてくるタイミングが、今までよりほんの少しだけ先延ばしになったかもしれない?というような、まさにチンポコの薄皮一枚程度の違いでしかありません。とはいえ、ロードノイズをカーボンの空洞の中に反響させながら空気を切り裂いて高速回転する独特の風切り音が、速度を増すごとに自分の足元から聞こえてくるのはディープの醍醐味でつ。

前から薄々感じていたことですが、ディープリムだから速いのではなく、ディープリムを履いているような人の中には走りこんでいる人が多いから速いんだと思う今日このごろ。やっぱり速さは機材じゃなくて、乗り手の脚力に100%依存であるという現実は誤魔化しようがありませぬ。やっぱりボキには時期尚早だったかしら・・・。

密輸事件発生。

  • 2009/06/04(木) 22:45:06

レースシーズンも真っ最中、レーパン刑事(デカ)たちは通常の任務に加えて練習にレースに大忙しの毎日です。このようなレーパン警察による手薄な警備体制の隙をついて、海外からの密輸事件が発生しました。容疑者は集団から単独で逃げましたがすぐに実力不足を露呈し、あっけなく失速して自首、犯人を密輸の容疑で現行犯タイーホしました。レーパン警察の調べによると、押収した証拠品は実測1650g、末端価格にして巡航速度40km/h相当。取調べに対し、妄想太郎容疑者は「どうしても欲しかったので後悔はしていない。機材による効果なんてチンポコの薄皮程度しかないことはわかっているつもりだけれど、その薄皮1枚の違いを体験してみたかった。」などと意味不明の供述を繰り返しており、余罪についても厳しく追求していく方針です。
向こう3年間はもう何も買いません。

何が怖いって、タイヤを外すときにタイヤレバーをスポークに引っ掛けると、ぺらっと薄いカーボンスポークがポキリと折れちゃったらどうしようとドキドキものです・・・。

DHバーの取り付け。

  • 2009/01/31(土) 00:12:45

まずはバーテープを全部はがして、ハンドルまわりの小物はいったん全部取り外す。バーテープを通常の巻き方で最後まで巻いてしまうと、ブレーキワイヤーがDHバーのアタッチメントに干渉して取り付けられないので、バーテープ2巻き分を残してブレーキワイヤーを外側へ逃がす。そこからはブレーキワイヤーを巻き込まずにもう2巻き巻いて完成。パッドに体重をあずけて前がかりのポジションにするためにサドルを1センチ前に出して(ちょっとやりすぎかも。そのままの位置でも良さそう。。)、残り1枚のスペーサーを外してハンドルを5ミリ下げました。(もうこれ以上は下がりません。)DHバーをつけるとけっこうセッティングが変わっちゃうのでいろいろ不便ではあります。


ハンドルをいちばん下まで下げてまたがってみると、DHバーを握るには良いですが、やっぱりブラケットポジションがちょっと遠い・・・。今までとくに疑問に思わず乗っていましたが、トップチューブ長525ミリ(カタログではサイズ50)のフレームに100ミリのステムでは、身長168.7センチのボキにはもしかしてちょっとハンドル遠いのかしら。だから気合を入れて乗ると背中を捻挫したりするのかな?


余ったバーエンドキャップで謎の吸盤男になってみましたが、この指先ではキーボードが打てません・・・。

ショートリーチのDHバー

  • 2009/01/28(水) 22:48:00

自転車通勤2日目。朝の天気予報では曇りだったのに、会社を出たら雨降ってるじゃんー。ムキキー。頭にきたので腹いせに帰り道は国道1号を通ってセキヤに寄ってプロファイルデザインのショートリーチのDHバーを買ってきました。(何じゃそりゃ?)

今シーズンの目標のTTT出場に備えて、足を鍛えるよりも先に、まずは自転車ハードウェアの充実をはかってみました。さっそく取り付け作業にかかったのですが、これがやってみると意外と難しいというか、面倒くさいので(バーテープも巻き直さないといけないし)週末にでもゆっくりやろうっと。どうせ明日から雨みたいだし。ところで、初歩的な疑問なのですが、DHバーにはバーテープを巻くべき?それとも不要?

天井改造計画

  • 2008/08/24(日) 20:18:42

ホイールセットなどの自転車パーツをショップみたいに天井から吊るしたいというかねてからの計画を実現するべく、アイムホーム建設様に施工をお願いしました。もう既に皆様ご存知かとは思いますが、アイムホーム建設様は、朝錬仲間もとい我らがBチームダンシング棟梁杉ちゃん様の会社です。いそやジャージの背中右ポケットのスポンサーロゴをいま一度ご確認くださいませ。ニャーニャー通信社本社移転の際にはクロス貼り等の作業をお願いし、大変お世話になりました。

今回は自転車仲間のたってのお願いということで、社長自ら現場作業に出向いてくださいました。まずは天井の材質と梁の入っている位置を確認して寸法を測ります。


ホイールを吊るすためのS字フックが掛けられるだけのクリアランスを確保するために、まずは天井に木の土台を取り付けて、そこに金属ネットを設置しましょうとプロの提案。土台となる材木をノコギリでカットします。


カットした材木3本をインパクトレンチを使って天井の梁にネジ止め。あとでペンキを塗るので、この日は天井に金属ネットを仮り組みして作業は完了。


杉ちゃん様たいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ぺこ〜り。東京〜大阪キャノンボールの名古屋からの途中出場の件、ぜひ前向きにご検討ください。さっきホームページをゆっくり拝見していたら、自転車ネタが満載のメニューを発見。巡回ブログがまた増えました。


さて翌日、ここからはボキ1人で仕上げ作業です。どうせ雨なので朝錬には行かないで、朝からベランダでペンキ塗り。


ペンキが乾くのを待ってから、昨日の仮組みの通り天井に取り付けして完成!


さっそくホイールを2セットぶら下げてみました。カッコいい〜♪まるでショップみたいだー!素敵な出来栄えに大満足です。イヤッホウ!


などと浮かれて油断していたら・・・、
誰ですかー? 勝手に洗濯物を干した人は!?


今日のような雨の夜でも大量の洗濯物を部屋干しできるので、おYOME様も大満足の様子です。自転車部屋改造計画などのプチリフォームから完全フルリフォームまで、住まいと暮らしの相談はアイムホーム建設さんへ!

重くてぜんぜん回らない・・・。

  • 2008/08/14(木) 21:46:46

今日のスポーツ通勤はMostホイールを履いてみました。

昨日の帰りにさっそくリムテープを買ってきたので、今朝は5時に起きて朝っぱらからリムテープの貼り直し。今までリムテープ不要のホイールを使用していたので、じつはリムテープなるものに触れるのは今回が初めてでございます。はたしてきちんと貼れているんだろうか?

Mostマークの入った純正タイヤは、ビード部分のゴムが固くてやたらと摩擦係数が高くリムにはめるのにけっこう苦労しましたが、Mostホイールに履き替えて準備完了。おかげでさっき淹れたコーヒーがすっかり冷めてしまいました。体にカフェインを注入して、さあしょうがねぇから会社にでも行きますか・・・。

踏み出しの軽さはSLとたいして変わらないし、1年半走り込んだSLよりもむしろラチェット音は軽快。けっこういいじゃん♪なんて思ったのはほんのつかの間。乗り心地がボヨヨーンとしていてどうもシャッキリしない感じ、30km/h程度の速度域から加速しようとすると重ったるくてぜんぜん回らないし、坂にさしかかったときの失速感が顕著。いったん軽量高性能なホイールの味を覚えてしまうと、いくら練習用とは言えこれでロングは走りたくないなぁ。R-SYSとSLとではその差はまったく感じませんでしたが、やはりMostとSLとでは改めてその差は歴然でございました。

もう1セットのホイールを、とりあえずこんな感じにぶらさげてみたところ、これでは洗濯物が部屋に干せないとYOMEからさっそくクレームが来ました。ごめんね・・・。

Mostホイール

  • 2008/08/12(火) 22:47:27

ガリレオを買ってすぐにホイールを交換したため、ほとんど使わずにしまってあったMostホイールを通勤&練習用に履いてみようかと。撮影用に空気を入れて自転車にセットしてみましたが、何しろ1年半の間ずっと物置にしまってあったので、タイヤを外そうとしたらチューブにリムテープが貼り付いて、一緒にはがれてしまいました。チューブ&リムテープを交換後に実戦投入しようと思います。※)格好悪いMostステッカーはバリバリと剥がしました。


スペアのホイールセットや、今後きっと増えていくであろう大物自転車パーツをどこに収納しようかと、ボキの部屋を見渡せば・・・天井から吊るすのが一番スマートで格好良さそう。ある程度の重量に耐えられるように、天井にフックを取り付けるにはどうしたら良いか?こんなときはS岡パパの工務店に相談だ!

イメチェン。

  • 2008/08/10(日) 22:14:51

表皮が剥がれてむき出しになった発泡ウレタンに、汗が染みこんでクサイクサーイになっていたサドルを買い換えることにしました。2度目のサドル選びは迷うことなくセライタリアSLRの白を決め打ちです。周りに愛用者が多いことと、穴の空いていないスタンダードな形状で座面がペラっと薄いのが欲しかったので。ついでにバーテープも白にしてイメチェンをはかってみました。


++++++++++
筑波夏の8耐のリザルトをしげしげと眺めていて気がついたこと。J子チームとちよこチームのベストラップが、それぞれ2'56"596と2'57"119。wakiさんと総長が叩き出したであろうこのタイムに対し、ボキのベストラップが3'00"072(40.884km/h)。その差はおよそ3秒。日常生活での3秒なんてまばたきするくらいのほんの一瞬ですが、サーキットでのレースにおいての3秒は、、やはりとてつもなく大きな壁だなと・・・。ということで、今後の目標は筑波のラップタイム3分切り。良い努力目標ができました。明日からまた頑張ろう!

タイヤ選びは難しい・・・。

  • 2008/06/20(金) 23:54:02

今まで買ったタイヤ3種類を順番に並べてみると、

?HUTCHINSON FUSION COMP ブラック×グレー
⇒最も無難な選択。白いバーテープがアクセント。


?MICHELIN PRO2RACE ライトグレー
⇒シルバーのホイールにライトグレーの組み合わせがとてもお気に入り。


?HUTCHINSON TOPSPEED ブラック×ブルー
⇒青に青はちょっとしつこかったかな・・・。うーむ、まだ目が慣れないニャ。


本当は、最近流行りのPRO3Raceが欲しかったのですが、お気に入りのライトグレーがまだ発売されていないので今回は断念して、通勤用ということで耐久性とコストパフォーマンス重視でこれにしてみました。こうしてみると、青いフレームはタイヤ選びがけっこう難しいのです。次は白いタイヤと白いバーテープにしてみようかな・・・。

2連装メガ粒子砲

  • 2008/05/30(金) 22:58:24

多摩サイでの夜間の局地戦を視野に入れて、我が軍の主力モビルスーツに2連装メガ粒子砲を搭載しました。


前方の敵に集中砲火だ!メガ粒子砲、撃てーっ!!

来週晴れの日、定時に上がって出撃します。

メガ粒子砲

  • 2008/05/26(月) 21:23:48

都内での夜間の戦闘に備えて、我が軍の主力モビルスーツにもメガ粒子砲を搭載しました。


うわっ、凄い威力だ・・・。

ポラールから異音・・・。

  • 2008/05/24(土) 20:38:58

このところ部屋の片隅から断続的に聞こえてくるジュルジュルというかジジジというか、なんだか湿っぽい感じの異音。大変気になって音のするほうに目を向けるとそこには自転車が。どうやらハンドル周りから聞こえてくるみたいです。ちなみに、もしかしてハンドルの中に虫でもいるのかと思ってバズキルを外そうとしたことが、先のバズキル騒動の発端でございます。最近になってようやく音源を突き止めたところ、音の出所はポラールでした。ポラールをステムから取り外し、裏返して耳に近づけてみるとジジジ・・・。間違いありません、確かに聞こえます。


電池が液漏れでも起こしているのかと思い蓋を開けてみましたが、内部は見た目に異変はありません。とりあえず電池を買ってきて交換してみても相変わらずジュルジュル聞こえてきます。通勤途中の都内某自転車ショップで尋ねてみましたが、そのような現象は聞いたことがないので輸入販売元のサービスセンターに問い合わせてくださいとのこと。うーむ・・・いったいこれは何の音?

インプレライダー気取り。

  • 2008/03/02(日) 16:14:55

間違い探し。さて何が間違ってる?


いや、とくに何も間違っちゃいないんですが、、今日の朝錬はショップの試乗用MAVIC R-SYSを履いて皇居まで往復してきたので、その感想をほんのちょっぴりかなり大げさにインプレライダー気取りでお伝えしようと思います。

R-SYSと、比較対象のKSYRIUM SL(07モデル)のタイヤとチューブを含めた実測重量は以下の通り。
R-SYS:前輪920g、後輪1370g(コンチネンタル グランプリ4000S)
KSYRIUM SL:前輪1050g、後輪1450g(ミシュランPRO2RACE)

高速コーナーではぶっといカーボンスポークががっしりと踏ん張って、タイヤを路面にぐっと押し付けるので車体を倒したときの安定感が増しています。また一定速度での巡航時においては直進安定性が非常に高く、疲れて上体がブレてきてもバイクだけはまっすぐ前に進もうとするかのようです。そして坂では脚力の続く限り、スポークの反発力によるバネを効かせて力強く登っていくことができます。これはSLと比較して、前後輪合わせて回転部分がおよそ200グラム軽量化されていることも非常に効いているはずです。

・・・な〜んていかにもわかったようなことを偉そうに書いてみましたが、じつは私自身は正直なところ違いはまったくわかりませんでしたので、周りの皆さんのご意見をまとめて、自分の鈍感さを言葉巧みにごまかしただけでございます。

お問い合わせはBe× IS○YAまで!

イメチェン・・・。

  • 2007/09/29(土) 13:34:07

ガリレオを買ってもうじき丸一年。現在のトータル走行距離が8500キロ弱。ホイールを買ったときに一緒にタイヤも換えたので、今まで履いていたユッチンソンでの走行距離は7000キロちょい、まだまだイケそうではありますが、レースも近いし、そろそろ接地面が平ら+表面のゴムがぼろっちくなってきたので、タイヤ&チューブを交換しました。そういえばここ最近は自転車のハードウェア的なことにはほとんど投資していなかったので久しぶりのお買い物です♪。今回選んだのはミシュランPRO2RACEのグレー。色ものタイヤでイメチェンをはかってみました。あ、そろそろチェーンも交換したほうがいいのかな…?

幸か不幸か自分自身は今まで一度もパンクしたことがないので、パンク修理の経験はありませんが、一緒に走る仲間がパンクしたときの修理作業を横で何度も眺めているうちに、いつの間にかタイヤ&チューブの交換作業ができるようになっていました(笑)。試走に出かけたいところですが、今日の天気では走る気がしません・・・。明日はレース前にもう一度あざみラインを登りに行く予定。明日の天気はどうだろう。

++++++++++
ふと思いついてブログにメールフォームを設置してみました。管理人に何か個別に言いたいことがあったらメールください。追い込みが足んねえとか、3周で帰ってくんなとか。。

カッツンカッツンいわないのがちょっと不満。

  • 2007/04/08(日) 17:58:38

昨日新調したロード用シューズの話。買ってから知ったのですが、シマノのクリートは樹脂製なので歩いたときにカッツンカッツンではなく、ゴツンゴツンといった感じの音がします。つま先が上を向いた独特の歩き方でカッツンカッツンいわせて自販機まで歩いていきたかったので、ここがちょっとだけ不満です。多少は慣れましたが、やっぱりアルテグラの2007年モデルはペダルが外れにくいです。既に購入された方々も同じ感想とのこと。でもしばらく使ってアタリが出てくれば問題ないらしいので、その言葉を頼りにせいぜい気をつけます。でもふと思いましたが、信号などで止まるときに外すのは常に左足なので、右足を外すことはまずありません。ということは、右足側にアタリが出るのはいつ?とっさの状況で右足を出さないといけないような場合にはやはり転倒は避けられそうにありません…。(泪)
それともう一つ、SPDでは金属どうしで噛みあっているので外すときはパチンと瞬間的に外れますが、SPD-SLでは外すときに樹脂製のクリートがグニョッと一瞬粘る感じがして、このあたりがまだ慣れないせいか少々とまどっています。

肝心なペダルの踏み心地ですが、今までのSPDに比べるとすごく安定感があって、ペダルとシューズの接触面の広さが足の裏に伝わってくる感触がとても気に入りました。ロードバイクにはロード用のペダル&シューズが用意されているわけがわかりました。やっぱり替えて良かったー♪

最近どうもシリが痛いと思ったら

  • 2007/03/31(土) 23:40:24

サドルの位置が前過ぎたということにやっと思い至りました。ローラー台に乗ると外を走るよりはるかに負荷が高いので、乗車位置を前寄りにして、真上からペダルを踏みおろして引き上げるとより力が出るような感じがしたので、サドルの位置を前に動かしてここしばらく乗っていました。すると100キロ未満でシリというか座骨の内側がズキンと痛くなってきて、前はこんなことなかったのにな〜と困っていたのです。

自分なりに考えてみると、ハンドルとペダルの位置が決まっている以上、シリのおさまりが良いポイントというのは自然に決まってしまうので、サドルを前後に動かしてみても、あるていどの距離を走ると大部分の時間はそのポイントにシリが自動的に動いてしまうわけです。きっと。にもかかわらずサドルが前に来ているので、サドル左右のでっぱりの部分が座骨の内側に当たって痛くなったと。そこでサドルを後ろに下げてみたところ問題はあっさり解消されました。

輪行バッグ

  • 2007/03/11(日) 18:31:31

今日は朝から雨で昨日の夜の時点で朝錬は中止決定。昼前に雨が上がったと思ったら突風が吹き荒れ、今頃になって晴れてきてももう夕方ですよ(泪)。そんなわけで早々に走りに行くのはあきらめて、先週購入した輪行バッグの使い方を練習しました。輪行バッグを身につけて坂を延々と登ることを考えると、なるべく小さくて軽いものが良かったので、
オーストリッチL-100を選びました。この大きさならボトルホルダーにすっぽり収納できます。


リアエンドの保護金具でディレイラーが地面につかないようにして、ストラップ3本を使ってフレームとホイールを固定、ショルダーベルトをチェーンステーとヘッドチューブに取り付け・・・。む、難しい。
どこを固定すればいいのかわけがわからなくなって途中であきらめ、ふてくされて自分が輪行されてみました。袋を広げてみると想像していたよりはるかに大きかったので、つい中に入ってみましたが、どうやらこのような使い道もあるようです(嘘)。


1時間くらいかかってようやく完成。


ショルダーベルトを肩にかけて持ち上げてみるとずしりと重く、完成車を持ち上げたときよりなぜか重く感じます。不安定なのでどこを持てばいいのかおっかなびっくり、これで電車に乗って現地まで無事にたどり着けるのかとちょっと不安になりました。保護金具にはクイックレリーズが付属しているのですが、普段使っているクイックをそのまま使ってはいけないのか、電車に乗るときの服装はレーパン+ジャージなのか、輪行バッグを上の写真の位置に収納したら普段そこに入れているツールボトルの中身をどう収納すればよいか等、解決しなくてならない疑問がいっぱい湧いてきましたが、輪行する準備は整いました。まずは箱根の坂、そして奥多摩の峠にアタックです!

たちの悪いクレーマー。

  • 2007/03/10(土) 20:41:37

筑波8耐レースにそなえて先週ショップのオリジナルジャージを買いました。試着したときはLでぴったりに思えましたが、お家に帰って鏡を見てみると、ちょっとゆるい感じ。次の日にもう一度行ってMに交換してもらいましたが、今度はMでは袖が短く肩がきつい・・・。今日もう一回持って行って結局最初に買ったLサイズにまた交換してもらいました。MとLの中間があれば良いのですが、小さいよりは大き目のほうが良いかと思って。

これじゃあまるでたちの悪いクレーマーみたいでたいへんご迷惑をおかけしましたが、嫌な顔もせずに交換に応じていただいてありがとうございました。(念のため、家ではアンダーウェアの上に着て鏡に写していたので決して汗などはついていないはず・・・。)自転車を買った当初はショップジャージを着てレースに出るなんて思ってもいなかったけど、なんだかとってもうれしいので今日はジャージを枕元に置いて寝ようっと♪

++++++

今日も湘南国際村に行ってきました。先週とちがって誰ともお会いしませんでしたが。帰り道に先週も行ったパン屋さんで八景あんぱん、ツナサンド、パンプキンドーナツの補給。しばらくは毎週通いそうです。往路は弱い向かい風でしたが帰るころになって風向きはそのままでかなり強い風が吹いてきました。追い風のおかげでペダルをくるくる回して気持ちよく帰ってこられました。朝ごはんにVIE DE FRANCEのフィッシュドッグとメープルスコーン(←お気に入り)を食べ、帰ってきてから小腹が空いたので夕飯の前にマーガリン+ブルーベリージャム入りのコッペパン。今日はパンばかり食べていた一日でした。走行距離は107キロ。

ローラー台 ミノウラ VFS-G

  • 2007/02/16(金) 22:04:57

ずっと前から欲しかったローラー台(ミノウラ VFS-G)をとうとう購入しました。まだ3回ほどしか乗っていませんが、感想を書いてみようかなと。

ローラー部分と、スチール製の青いフレーム、黒い樹脂製のサブフレームがバラした状態で箱に入っているので自分で組み立てます。説明書に詳しく書いてあるので難しくはありませんが、組み立て作業はけっこう力仕事でした。ローラー台に乗せる前に、後輪のクイックレリーズを付属品と取り替えます。マビックのクイックレリーズでは切り欠きの形状があわないので固定できないため、ローラー台を使用するたびにこの交換作業が必要になります。クイックレリーズを青いフレームで左右からはさんでハンドルを回してしっかり固定します。そして汗対策でハンドルからトップチューブにタオルかけて洗濯バサミでとめて、扇風機のスイッチを入れて準備完了。


漕ぎ出しがやけに重く、普段走っているときと同じ感覚で回転させるには、フロントアウター+リアは2番目に軽いギアあたりだったので、実際に外を走るときよりもかなり負荷が高いです。ペダルを回して足に伝わってくる感覚は、スポーツクラブによくあるエアロバイクとだいたい同じ(足を止めたときにホイールが空転するのがちょっとだけリアルな感じ)ですが、家の中でロードバイク特有の前傾姿勢をとってビンディングペダルの引き足も練習できるのがすばらしいです。このフレームは自重式なので重心位置(シリの位置)によって若干負荷が変わってきます。実走感という点では3本ローラーにはまるでかないませんが、DVDを見たりしながらリラックスして乗れるのでそういう意味では固定式もなかなか良いです。転ぶ心配もないし(笑)。

録画したNHKスペシャル「プラネットアース」を見ながら45分ほど乗りましたが、オシドリのヒナの決死の大ジャンプを見ていてもいまひとつケイデンスは上がりませぬ。やっぱりローラー台の上で見るのはツールドフランスのDVDでしょうか。それでも汗びっしょりで床には汗の滴が点々と。音はすごく静かで、ローラー台自体から聞こえる音はほとんどしなくて、タイヤがローラーとこすれる音と、クランクとチェーンの駆動音しか聞こえません。家は集合住宅ですが、これなら騒音を気にする必要はまったく無し。土日に雨が降ってもふてくされなくてすみそうです。

下の写真のように折りたためるので、使わないときはベッドの下へ収納できて非常に省スペースなのですが、タイヤがすぐに摩り減ってしまいそうなので、もう1つスプロケを買って、余っている純正ホイールをローラー台専用にしようかなと考えています。いちいちクイックを交換しなくてはならないのも面倒だし。


そうそう、乗ってみたい方はいつでもお家に遊びに来てくださいね♪